マイベストプロ京都

コラム

家族に内緒で自己破産をしたい

2022年5月18日

テーマ:身近な法律

コラムカテゴリ:法律関連

借金

自己破産は家族に知られるのか?

法律相談をしていると、家族に内緒で自己破産をしたいと希望される方がいらっしゃいます。

破産申し立てを弁護士に依頼すれば、裁判所や債権者とのやり取りは、すべて弁護士が行います。
裁判所からの連絡や債権者からの連絡が本人宛にされることは、基本的にありません。
したがって、家族には自己破産が当然に分かってしまう、ということはありません。
家族であっても、自分ではないという意味では「他人」です。

しかし、その「家族」がどういう状況にあるのかによって、秘密にしておけない場合があります。

同居している家族がいる場合

同居している大人の家族には、秘密にしておくことが難しいと考えておいた方がいいでしょう。
とくに、家計が同一である家族の場合、内緒にするのは困難です。
破産にあたっては財産の申告が必要ですので、同居の家族が財産を管理していれば、知られるおそれがあります。
家計収支表も作成しなければなりませんから、その段階で知られてしまう可能性もあります。
自宅を売却するとなれば、絶対に秘密にはできません。

家族が借金の保証人である場合

債務者が借金を返済できなくなると、債権者は保証人に支払いを請求します。
そのための保証人です。
家族が保証人になっていると、債権者からの請求によって、自己破産が知られるきっかけとなります。

価値のある財産がある場合

価値のある財産を持ったまま破産することはできません。
高価な自動車や生命保険などは、破産手続きの中で売却や解約によって現金化されることになります。
そのことで家族に知られるおそれがあります。

家財をローンで買っている場合

ローン支払い中の自動車や家電などは、債権者が引き上げて、残った債権の一部に充てることになります。
自宅から消えてしまうわけですから、自己破産を家族に知られてしまうおそれがあります。

家族の協力を得て再出発

家族に内緒で自己破産したいという思いは、理解できないことではありません。
しかし、自己破産は、借金生活をリセットして経済的に再出発することです。
それは、同居の家族や生計をともにする家族の協力を得てするもの、そういうふうに考えた方がよいのではないでしょうか。

この記事を書いたプロ

拾井央雄

知的財産や技術系法務に強い理系出身の法律のプロ

拾井央雄(京都北山特許法律事務所)

Share

関連するコラム