まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船越克真

不登校など非行で悩める親子と共に歩む子育て支援のプロ

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越教育相談室

船越克真プロのご紹介

不登校、非行、発達障害…子育ての悩みを一緒に乗り越えましょう(1/3)

京都市内で教育相談室を開設した船越克真さん

まずは「しんどい気持ち」を受け入れ、親の心をケアします

 中学校や特別支援学校の講師、少年院の法務教官などを経験し、さまざまな支援機関で20年以上、活躍してきた船越克真さん。引きこもりや不登校、非行、発達障害などで悩む親や子どもを支援する教育相談室を2012年に立ち上げました。

 「子どもに何か問題が起きたとき、親もいわゆる『当事者』になります。そうなると、自分たちのことが冷静に考えられなくなるのは当たり前。違う視点で冷静な判断ができる第三者にこそ、問題の原因がよく見えるものなんです」と、支援の必要性を語ります。

 「相談に来られる中には『育て方が間違っていた』と、泣きながら自分を責める親御さんもいます。しかし私は『決してあなたの教育が悪かったわけではありません、間違っていたことなんて一切ない』と伝えます。なぜなら、ここに相談に来ているだけできちんと子どもと向き合えているから」。少年院の法務教官時代に親の育児放棄で行き場をなくして入院する子どもと出会った経験からの実感です。

 相談に訪れた人を必ず「よく来てくれました」と温かく迎えるという船越さん。「何をおっしゃられても受けとめます」と最初に伝えるようにしています。そこにはこんなメッセージが込められているのです。
 「私に対して、これは失礼かな? これは傷つけるかな? といった気遣いをせずに話してください。どんなことを言われても怒らないのが、私たちプロなんですから。むしろそういった攻撃的な言葉がなぜ出てくるのか、原因を一緒に探していきましょう」

船越克真プロのその他のコンテンツ

Share

船越克真のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-11-12
rss
ブログ
2018-04-25
google-plus
Google+
facebook
Facebook

船越克真プロのその他のコンテンツ