まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船越克真

不登校など非行で悩める親子と共に歩む子育て支援のプロ

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越教育相談室

船越克真プロのコラム一覧

厳しい経済環境の中で、生き残りをかけて各企業はぎりぎりの戦いをしておられます。企業が生き残るために、経営者の方も社員の方も、毎日一生懸命働いておられます。そんな企業の方々は、社員の方にどんなことを求めておられるのでしょうか。http://doda.jp/guide/saiyo/003.htmlこの調査から...

「企業戦士のためのワークライフバランス」講座概要  船越教育相談室 船越克真□この企業研修についてワークライフバランスを健全にするとは、仕事生活と家庭生活のどちらの生活も快適にし、人生でベストパフォーマンスを発揮できるように、両者を健全にすることである。そのためには、仕事環...

自分の子ども時代、父親にしてもらったことを思い出してみてください。お父さんはいつも寝っ転びながらテレビ観てビール飲んで、自分と遊んでくれなかったなんて思い出をお持ちの方も多いでしょう。では、ほんとに何もしてくれなかったのかというと、実はそうでもなかったのではないでしょうか。...

体罰や虐待をしてしまう人は、「成果をあげることを強く求められている」ことを先に見ました。この成果主義が人を追い詰めるのならば、成果主義をやめればいいのです。「2歳でおむつがとれなければならない」例で考えれば、2歳で取れなくてもいいと考えます。確かに大人になっておむつしている...

子どもをどうやって育てるのか。その具体的方法については、実はきちんと習える学校はありません。先生は教育学部で勉強しているはずだ、と思われるかもしれません。教育学部やほかの学部の教職課程は、「体罰はいけませんよ」とはその理論からじっくり習います。しかし、「ではどうするか」の具体...

例えば、「2歳までにおむつがはすれなければならない」と育児の本にあるか、ママ友の情報があるとします。すると、親御さんはなんとかして2歳までにトイレトレーニングを終えなければならないと思います。で、おむつを濡れたらわかるものにして、がんばっておまるに座らせて、ってします。最初...

体罰や虐待が後を絶ちません。子どもに暴力を振るう大人、それだけで大人失格だと言ってしまえばそれまでですが、では、どうしたら手を上げなくてすむのか。このテーマでいろいろ考えてきました。今までは、手をあげたらこんないけないことがありますよ、とか手をあげなくてもこうすればできます...

さて、反省も最後の段階です。自分が考えてきたことを相手に伝えなければなりません。さて。どうしましょうか。手紙が一番ポピュラーですね。どうしても長い話になりますから、文章で伝えるのが一番わかってもらいやすいでしょう。自分の考えをまとめる方法としても、このやり方がおすすめです。...

この段階では、自分がしたことがどんな仕組みなのか、今まで考えたことをふまえて今後のことを考えます。人間の行動は、100%自分がコントロールできるわけではありません。やはり、環境の影響を強く受けています。その環境をどうするか。例えばバイクの例を見てみます。バイクにあきた気持ちの裏...

いけないことをするのには、なんらかの理由があります。それをこの段階で明らかにします。後輩にバイクを売るために暴行を加えたとします。その暴行には、「自分のバイクを売るため」という理由があります。ずいぶん身勝手な理由ですが、でも、いいことか悪いことかとか通用するかしないかは別に...

1の段階で、自分がしたことがいけないことであるとわかたところで、実はこの段階の半分は終わっているのです。きまりの意味を理解し、自分がしたことは自分や他人にダメージを与えることなんだとわかった。ここではそれをより具体的に考えます。まず、自分がしたことを詳しく思い出します。実際の...

「いけないことをした」と思えない人の言い分は、「向こう(被害者)も悪い」「自分はそうせざるを得なかった」「自分だけではない」などなど。一見するとずいぶん身勝手な言い分ですね。では、そこをどうやって崩していくのか。僕が実際行ったことを紹介します。「向こうも悪い」は、...

まず、「悪いことをした」と思うことです。これが実は、意外に難しいんです。といいうのも、悪いことをした人の中には、自分がしたことが悪いことだってわかっていない人がいるんです。法律で禁止されていることを知らなかったパターンもあれば、法律にあるのは知ってるけど、どうしてしてはいけ...

 反省するってどういうこと? 反省するって、どういうことでしょうか。思いつくのは、「反省しろ」と言われて「すみません」と答えるやりとりですね。これは、「謝罪」と言われる行為ですが、反省するっていう意味にも使われます。また、反省文なる作文も書かされますね(僕はこの反省文が大...

2014-04-22

「社会のレール」に乗っていれば幸せになれる。そう思われていますね。確かに、人間の長い歴史でたくさんの人が考えた、幸せになり方ですから、それなりに説得力はあります。また、その幸せになる方法をもとに社会が作られていますので、幸せになるためにはその方法しかないと考えても当然です。...

船越克真プロのその他のコンテンツ

Share

船越克真プロのその他のコンテンツ