まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船越克真

不登校など非行で悩める親子と共に歩む子育て支援のプロ

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越教育相談室

船越克真プロのコラム一覧

子どもを叱るのは、子どもはもちろん親御さんにとってもつらいことです。できればしないにこしたことはありません。でも。ねえ。お子さんがしてはいけないことをしてしまったら。叱らなければなりませんね。では。お子さんがしてはいけないことをしないような環境を用意してあげたらどうでしょ...

子どもを叱るとき、ほんとうは冷静におだやかに叱りたいですね。でもついついどなったりたたいたりしてしまう。そんな時、親御さんはどんな気持ちですか?イライラしてますか?頭にきてますか?人が怒りの感情を持つことは、まったく当たり前のことです。いや、怒りの感情がなければ、これは大...

子育て

2014-12-10

赤ちゃんぐらいの子どもの子育てといえば、授乳のしかたとかだっこのしかたとか、身体的な技術が主になるかと思います。それが、2~3歳ぐらいの子ども育てになると、子どもとどう接するかといった、かかわり方の技術にシフトしていきます。かかわり方の技術でよく書かれているのが、「子ども...

信頼できる情報を得ましょう。教育子育ての分野には、あやしい情報もかなりあります。そんな情報に踊らされないために必要なスキルを紹介します。まず、口コミに流されない、ということです。子育てや教育で、たくさんの口コミが流れています。なかには信頼できるものもありますが、多くはとん...

一人の大人が知っていることできることは限られています。親御さんが勉強もスポーツも生活習慣も、なんでもかんでも教えられるはずがありません。プロの先生だって、自分は勉強を教えるのは得意だけどスポーツを教えるのは苦手だな、って人おられます。さらに大学出たての新米先生なら、なんにも教...

ほかの人に子育てをシェアしてもらって、みんなで分担して子育てをするのです。一人で全部背負い込んでも、ほぼうまくいきません。子どもの成長には、多くの種類と膨大な経験が必要です。それらを全部一人でまかなうなんて、できません。人間なんでもできるわけではないのです。子育ての外注先...

虐待・体罰をしてしまう人は、この子をしっかり育てなければならないと思う気持ちが強くて、こころの余裕がないことが多いです。なんとかしなければと思うあまりに手が出て、それでその場はおさまるから、大人としては手を出すが成功体験になって、次なんとかしなければならないときに同じやり方で...

子育て

2014-11-19

私は「親御さんは悪くない」と言い続けています。なぜそう言えるのか、説明します。子育ては、多くの人が経験する大切なことであるのに学校でもしっかり習いません(今は家庭科で少し習いますが)。子育て講座もありますが、何度も通うだけの時間の余裕もありません。誰もが子育てのことを知ら...

SWOT分析をご存知ですか?これは、事業をする場合に会社や組織の力を分析するときん使うやり方です。まず、自分の強みと弱みを考えます。食べ物の店をやっている場合でしたら、強みは「卵料理が得意」とか「栄養にくわしい」とか、弱みは「席数が少ない」とか「価格が高い」とか。次に機会と...

夫婦がそろっている家庭は、子育ても夫婦でするのがベストですね。では、ちゃんと二人で子育てしていると胸を張って言える夫婦はどれだけいるでしょうか。お母さんからお父さんへの不満の多くは、子育てしてくれない、というものです。その不満を詳しく聞いてみると、お母さんばかり子どもに時間...

子育ては、もちろん家庭でやるのが第一ですが、家庭だけで子育てをするのは、けっこうたいへんです。子育ての仲間がいれば、情報交換も活発にできますし、病気などいざという時も助け合えます。僕が知っているお父さんで、近所のパパ友と子どもを預けあっている人がいます。仕事で遅くなったり病気...

子育ての情報、どこから手に入れていますか?本や雑誌、インターネット、学校や保育園幼稚園の先生、口コミなどでしょうか。その中でも口コミが一番多いかもしれませんね。当相談室に来られる親御さんに子育ての情報もとを聞くと、圧倒的に一番多いのがママ友からの情報です。お詳しい方が教えてく...

今は子育て情報があふれており、雑誌やインターネット、口コミで、「こうしなければならない」とか「これができるようにしなければならない」とか、いっぱい言われます。中には、「勉強させなさい」との主張もあれば「遊ばせなさい」とも言われて。どっちなんだって思ってしまいます。とえば、外...

昔は、家庭だけでなく親戚や地域全体で子育てしていました。親戚の方や隣近所の方に怒られたりほめられたりおやつをもらったり。みんなで子どもにかかわってきました。今は核家族化が進み親戚づきあいも希薄になりました。地域の崩壊も言われ、隣の家の名前も知らないなんてこともあると聞きます。...

目標子育てによるワークライフバランス適正化の意義を知る内容1 企業のニーズ~「組織目標を達成するために、自身は何ができるかを、柔軟な思考と広い視野で考え実行できる」人物・「柔軟な思考と広い視野」→家庭は究極の異文化交流の場。地域は身近な異業種交流会→社会貢献・「実行できる...

船越克真プロのその他のコンテンツ

Share

船越克真プロのその他のコンテンツ