まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船越克真

不登校など非行で悩める親子と共に歩む子育て支援のプロ

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越教育相談室

コラム

子どもが一番つらいのか

子育て

2016年2月12日

不登校や自傷行為などが起こったとき,親御さんやまわりの人はこころを痛めます。つらいですね。自分の子育てが悪かったのかと自分を責めてしまうでしょう。子どもの進学や将来のことを考えると不安や焦りもあるでしょう。でもそんなことより,子どもがつらい思いをしているところを見るのは,親として一番つらいことかもしれません。そんな時によく言われるのが,「子どもが一番つらいんですよ」という言葉です。

子どものつらさ


たしかに,子どももつらい思いをしています。将来については,なんせ自分のことですから,親や他人よりはもっと不安や焦りを感じているでしょう。ほんとうはほかの子と同じように笑って楽しく生きていきたいのに,そうできない自分に悲しさもあるでしょう。なんとかしたいのにできない情けなさもあるでしょう。親やまわりの人の期待に応えられない申し訳なさもあるでしょう。子どもは,そんなつらさを一身に背負ってしまっています。

つらさは人によって違う


ここで,「つらさ」について少し考えます。こころは人それぞれ違います。つらさというのが心の働きである以上,つらさは個人的な感情です。同じ事態に出会っても,人それぞれつらく思うことは違ってきます。火事が起こったときを想像してください。火が出た家の人は,自分の家が燃えているわけですから,家財道具はどこまで残るのか,今日寝る場所はあるだろうかとかいったことが心配になりますね。では隣の家の人はどうでしょうか。まず心配なのは,自分の家に燃え広がらないかどうか,ですね。同じ火事という事態に出会っても,心配は人それぞれなんです。

つらさを比べるのはナンセンス


不登校や自傷行為も同じです。降りかかった事態は同じでも,親御さんとお子さんとではとらえ方が違います。ですので,つらさの種類が違うんですね。種類が違うものを単純に比べることはできません。1メートルと1キログラムとどちらが大きいかを比べるようなもんです。ナンセンスですね。親御さんとお子さんのつらさが違うわけですから,単純に比べることはできません。

もちろん,「子どもが一番つらい」と思うことで,今の自分のつらさはたいしたことじゃないって思えて自分のつらさに目を背けて,それで親御さんががんばれることもあるでしょう。しかしそれは,まだ親御さんのこころに余裕があるときに限ります。親御さんのこころが自分のつらさに耐えられなくなったとき,こころが折れてしまいます。こころが折れてしまったら,なにもできなくなってしまいます。

「親も子どももつらいんだ」


私は,今の親御さんや子どもさんのつらさそのものに向き合うようにしています。子どもさんがいくらつらくても,親御さんもやはりつらいんです。お子さんがつらいからといって親御さんのつらさに目を向けないなんて,私はするべきではないと思います。

「子どもが一番つらい」んじゃない。「親も子どももつらい」んだと思います。子どもさんはもちろんですが,親御さんも自分はつらいんだって言っていいと思います。親御さんは自分のつらさに,なんの後ろめたさを感じる必要はありません。大丈夫です。なんでも私に話してくださいね。

---------------------------
お問い合わせは右上のお問い合わせフォームから。なんでも話してくださいね。

こちらもご覧ください。
ご相談の流れ
料金等

この記事を書いたプロ

船越克真

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越克真プロのその他のコンテンツ

Share

船越克真プロのその他のコンテンツ