まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船越克真

不登校など非行で悩める親子と共に歩む子育て支援のプロ

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越教育相談室

コラム

子どもが非行に走ったら~まずは気持ちを吐き出してください。

非行

2016年2月9日

「子どもが万引きをしてしまいました」と泣きながら電話をくださる親御さんがおられます。お店に多大な迷惑をかけてしまった罪悪感,この子の将来,進学や将来の就職への不安,子どもに裏切られた怒り,いろんな気持ちが頭をめぐって,混乱されています。

びっくりして悲観的になっても当たり前


普通に生活している人にとっては,子どもの万引きはもしかしたら初めて出会う非行や犯罪かもしれません。ニューズなんかではいろんな非行や犯罪が流れています。しかし,それが自分に関わらないことであったら,どこか他人事みたいな感じで,リアリティがないですよね。そこに,リアルな非行や犯罪が目の前に振ってかかってきた。びっくりするでしょう。万引きなんて,世の中的にはそう大きな事件ではありません。お店が警察に言っても,警察で少し説教されて帰してもらえる程度の事件です。そりゃ,日々犯罪者に出会う警察官や私みたいな仕事をしているものとかだったら,万引きなんて軽いものなんですよね。それでも,私の子どもが万引きしたなったら,いくら私といえども,やはりびっくりしてしまうだろうなと思います。ましてや非行や犯罪に縁がない普通の市民である親御さんです。びっくりして悲観的になって当たり前なんです。

アドバイスは入らない


そんな親御さんに,万引きなんて思春期にはありがちなことですよ,万引きだけで少年院には入りませんよ,実は私も中学生のころ万引きしたことがありますけど大学院に行って国家公務員(しかも公安職)になりましたよ(これは本当の話です),とか言っても,たぶん頭に入らないと思うんですよね。ありがちだから許されるものでもないし,進学や就職だってうちの子が同じように行けるとは限らないし,とかね。かえってネガティブにとらえてしまうんじゃないかなと思います。また,こうすればいいですよ,とかいったアドバイスも入らないでしょう。そもそも理解できないだろうし,理解できても実行するのは難しいでしょう。そして理解できない実行できない自分が情けなくて,負のスパイラルに落ちていく。

まずは気持ちを吐き出してください


私は,万引きに限らずほかの非行や不登校などに出くわしてびっくりして悲観的になっておられる親御さんには,まず,その悲しいつらい気持ちを吐き出していただくようにしています。こころを悲しみや辛さが支配しているうちは,誰が何を言っても入っていかないんです。こころの中のネガティブな感情を話して吐き出すことでこころから追い出して,出ていった隙にポジティブな考えをはさみこんでいく。この作業を何回も繰り返して,心の中をポジティブにしていくのです。子どもと向き合い子どもと何をどうしていくか考え実行していくのは,それからでも遅くはありません。

前を向けなきゃ横を向け


東日本大震災があって復興を応援する著名人の言葉で,マンガのワン・ピースの作者の尾田栄一郎さんのものとしてネットの出回った言葉に「前を向けなきゃ横を向け。俺たちがいる」というのがあります。ほんとうに彼の言葉なのかどうかはわかりませんが,私はいい言葉だなあと思いました。びっくりして悲観的になって前を向けないときは,私は同じ言葉を贈りたいと思います。親御さんたち,横を向いたら私がいますよ。まずはお電話かメールをくださいね。

---------------------------
お問い合わせは右上のお問い合わせフォームから。なんでも話してくださいね。

こちらもご覧ください。
ご相談の流れ
料金等

この記事を書いたプロ

船越克真

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越克真プロのその他のコンテンツ

Share

船越克真のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-04-25
google-plus
Google+
facebook
Facebook

船越克真プロのその他のコンテンツ