まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船越克真

不登校など非行で悩める親子と共に歩む子育て支援のプロ

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越教育相談室

コラム

「決まりを守る」教育としての夜遊び指導

夜遊び

2015年3月21日

きまりを守る教育についてはこちらをご覧ください。ここでは,こちらをふまえて夜遊び禁止を考えます。

まず,きまりの意味を考えます。
夜遊び禁止の理由は,先ほど述べた「ぐ犯」の考え方です。たぶん子どもは納得しないでしょう。ぐ犯の考えたかが間違っていると思うでしょう。規則が間違っていても,その規則に従わないのはルール違反です。規則に従いたくなければ規則を変えるしかないんです。これが社会のルールです。でも,子どもにはできませんね。親御さんも無理です。だって,親御さんが決めた規則ではないからです。国単位で決めた規則です。ですので,これは従うしかないんです。

次に守れるルールを考えます。
このリンクで門限指導について考えていますが,夜遊び禁止指導も同じ手順でいいです。クラブなどで下校時刻が19時になるのであれば,移動時間を30分として19時半,寄り道もしたいでしょうからプラス30分。で,20時を門限にします。その後の外出は禁止です。この門限が守れるかどうかは,子どもとよく相談してください。

次は守れる環境を作ることを考えます。
そもそも子どもはなぜ夜に遊びに行きたいのでしょうか。友達が夜に遊ぼうと誘ってきたから,ほかのみんなは夜遊びに乗っている,自分が行かなければ仲間はずれになる。だから夜遊びしたいんだと。ならば,夜遊びしなくても仲間はずれにならない友達関係を作るように指導する必要がありますね。
実はこれ,すごく難しいんです。今は友達至上主義とも言えるぐらい友達が大事だって小さいころから刷り込まれています。加えて思春期独自の友達志向が重なって,今の友達集団から抜けるハードルが高くなっています。しかも同調圧力がかかり,自分だけ違うことをすることができにくいんです。これは,子どもの責任ではなく,先生や世間に原因があります。
ですのでそこを逆手に取ります。たぶん友達集団の中にも,自分と同じように夜遊びさせてくれない友達はいるはずです。そういった友達を探させて,その子といっしょに夜遊びを断るというのも一つです。親同士が知り合いなら,もっと話は早いですね。
要は,夜遊びしなくても友達関係が崩れないようにするということです。
ただこれは,親御さんがするのはとてもたいへんです。先生やカウンセラーの力を借りた方がいいでしょう。

---------------------------
お問い合わせは右上のお問い合わせフォームから。なんでも話してくださいね。

こちらもご覧ください。
ご相談の流れ
料金等

この記事を書いたプロ

船越克真

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越克真プロのその他のコンテンツ

Share

船越克真プロのその他のコンテンツ