まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船越克真

不登校など非行で悩める親子と共に歩む子育て支援のプロ

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越教育相談室

コラム

ルールを守れる環境を作る

決まりを守る教育

2014年4月11日

ルールを守るには、本人の努力だけではできません。守れる環境であることが必要です。

塾のある日の門限を9時に設定しました。この設定の前提は、「30分で移動することができる」ですね。では、その30分の移動を可能にするために、歩きでは不可能だとします。ならば自転車を用意するとか、雨の日はバス代をあげるとか。ルールを守るために必要なものを用意します。

少年院では、決まった時間に日課を動かすように、決まった動きがあります。食事をした後は、食器を決められたところにおいて、歯を磨いて。食器もいつも同じところに置きます。歯磨きは手順も順番も決まっています。それで時間内にすべての作業が終了するように細かくデザインされています。だから、子どもたちは時間を守れなくて怒られることもほとんどありません。もちろん、あまりに細かいので、臨機応変な対応ができないとか子どもの自主性などが犠牲になっているのではないかという危惧はありますが。

ルールが守れない場合、ほんとうに守れる環境なのか、もう一度チェックしてみてください。もし守れない原因があれば、取り除くなり買い与えるなりして、ルールが守れる環境を整えてあげてください。


---------------------------
お問い合わせは右上のお問い合わせフォームから。なんでも話してくださいね。

こちらもご覧ください。
ご相談の流れ
料金等

この記事を書いたプロ

船越克真

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越克真プロのその他のコンテンツ

Share

船越克真プロのその他のコンテンツ