まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船越克真

不登校など非行で悩める親子と共に歩む子育て支援のプロ

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越教育相談室

コラム

子育て心得・基本姿勢

子育て

2013年2月15日 / 2014年5月1日更新

子どもに対する基本姿勢として、当相談室が考えるのは、

1 子どもも一人の人格ある人間として接する。
僕たちは、大人に対して一人の人間として接します。相手の人格を尊重して、同格の人間として付き合います。子どもに対しても同じです。子どもであっても人間です。大人と同格の、一人の人間です。

2 なめる・なめられるの関係からの脱出
そもそも、なめる・なめられる関係は、相手との上下関係にこだわった関係といえます。相手から上に見られるか下に見られるか。その考えが、人間関係を粗末にしていると考えます。すべての人間は、お互いに同格です。子どもに対してもそうです。

3 子どもの考えや感情を尊重する。
子どもも、それが未熟であっても、そのことして精一杯考えて感じています。それが、大人の考えや感じ方と違っても、否定していいものではありません。あくまでも一人の人間として接するのですから、はなから否定するのではなく、未熟なところを指摘する姿勢でいきたいです。

4 こころの余裕を持つ
他人の考えを認めるためには、こころや頭の余裕が必要なのと同じで、子どもの多様な育ちを認めるには、こころと頭の余裕が必要です。でも、子育て現場でこころの余裕は、なかなか持てませんね。どうすればいいのでしょうか。まず、一瞬の感情に流されないことです。かちんときたら、そのときは何もしないのがいいです。しつけは、その時にしなくても、後でも大丈夫です。冷静になって、伝えたいことを自分ではっきりさせてからでも遅くありません。

これらを基本に、考えていきます。

---------------------------
お問い合わせは右上のお問い合わせフォームから。なんでも話してくださいね。

こちらもご覧ください。
ご相談の流れ
料金等

この記事を書いたプロ

船越克真

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越克真プロのその他のコンテンツ

Share

船越克真プロのその他のコンテンツ