まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船越克真

不登校など非行で悩める親子と共に歩む子育て支援のプロ

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越教育相談室

コラム

たたかない・どならない子育て~体罰や児童虐待について当相談室の考え

たたかない・どならないしつけ子育て

2013年2月5日 / 2014年5月1日更新

体罰や児童虐待が話題になっています。学校や家庭といった、子どもにとって安心した居場所で、不安のどん底に陥れる大人の行為。一方で、たたいてしまった、どなってしまった罪悪感にさいなまれ悩んでしまう大人。どちらにも不幸な結果した与えないのが、体罰や虐待です。人間は幸せに生きる権利が、大人にも子どもにも誰にでも当たり前にあります。今真剣に考えなければならない問題です。

当相談室は、ここで、たたかない・どならない子育てを提唱します。

暴力は人権侵害です。人権とは、人として生きる権利です。暴力によって支配し支配される生き方は、人間の生き方ではありません。また、子どもに対する暴力は、周りの人への暴力でもあります。暴力を介した人間関係は、人のこころを傷つけます。根絶していかなければならないと考えています。

僕たちはサルに芸を仕込んでいるのではありません。人間を教育しているのです。お互いが人間として扱われてこその教育です。

同時に、人を傷つけることで自分も傷つけてしまった人をケアします。人は、自分も他人も不幸にするような、そんな不幸なことをあえてする必要はどこにもありません。そんなことしなくてもいいように、いっしょに考え実践していきます。

当相談室では、たたかない・どならない子育てを目指す相談を受け付けています。詳しいやり方はこちらをご覧ください。

http://mbp-kyoto.com/funakoshikyouiku/column/7113/

---------------------------
お問い合わせは右上のお問い合わせフォームから。なんでも話してくださいね。

こちらもご覧ください。
ご相談の流れ
料金等

この記事を書いたプロ

船越克真

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越克真プロのその他のコンテンツ

Share

船越克真のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-12-13
rss
ブログ
2018-04-25
google-plus
Google+
facebook
Facebook

船越克真プロのその他のコンテンツ