まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
船越克真

不登校など非行で悩める親子と共に歩む子育て支援のプロ

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越教育相談室

コラム

たたかない・どならない子育ての方法

たたかない・どならないしつけ子育て

2013年2月5日 / 2014年5月1日更新

たたかずに、どならずに子育ては可能なんでしょうか。

可能です。やり方は簡単です。たたかなければいい、どならなければいいのです。でも、それができないから、苦労するんですよね。

当相談室では、まず、たたくどなるの棚卸をします。今までの子育てを振り返って、どんなときにたたくのか、どんな気持ちのときにどなるのか。その実例を集めます。集めた実例を分析すると、親御さんなりの傾向が見えてきます。そして、そのパターンのときに、どう振舞えばいいか考えます。これができれば、もうゴールはすぐです。パターンにはまりそうになったときに、考えたやり方を試してみます。もしうまくいかなかったら、もう一度考え直して、新しいやり方を試します。トライアンドエラーを繰り返して、だんだんたたかなくてもいい、どならなくてもいい子育てを身に付けていきます。

例えば、子どもにきつく当たるのはどんな場面か記録を積み上げると、食事場面で子どもにきつく当たってしまう傾向があることがわかったとします。ではなぜ、食事場面できつく当たることが多くなるのか考えます。ご自身の育ちを振り返ると、その親御さんはご自身が食事場面できついしつけを受けた経験があるのかもしれません。ご自身がされたしつけを自分の子どもで再現しているのだとしたら、それは再現していいものかどうか考えます。食事のマナーはさほど厳しくしつけなくてもいいと思うなら、再現する必要はありません。ご自身が食事のマナーがきれいでほめられたことがあるから、食事はきちんとしつけたいと思われたら、ではどうやったらきちんとしつけられるか考えます。罰を与えるやり方がうまくいかないならほめるやり方でやってみるとか。食べにくい形のお箸や皿であれば買い替えるとか。

一方で感情のコントロールをする練習もします。手をあげなくてもいいように環境を整えることと、感情をコントロールすること。これらを両輪にして、手をあげない子育てを目指します。感情のコントロールについて詳しくは稿をあらためます。

---------------------------
お問い合わせは右上のお問い合わせフォームから。なんでも話してくださいね。

こちらもご覧ください。
ご相談の流れ
料金等

この記事を書いたプロ

船越克真

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越克真プロのその他のコンテンツ

Share

船越克真プロのその他のコンテンツ