まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
岸本好正

施術と指導で快適に動ける体へ導く整体のプロ

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

コラム

朝食は食べるを選択したときの注意点

その他

2017年8月17日

健康のためには朝食は「食べた方が良い」「食べない方が良い」と全く逆の説があります。中には1日1食でよいといった説もあり、いったいどうしたらいいのかと迷ってしまいますね。しかし朝食を食べるか食べないかは朝食の問題だけではありません。朝食を食べるならそれに合わせた昼食夕食のとり方があります。逆も同じです。昼晩同じで朝を食べるか食べないかではないのです。

「朝食は食べる」を推奨するわけ

当院では朝食はしっかり取るようにアドバイスしています。やはり1日活動するためにはエネルギーが要ります。そのためにも食事は必要です。かく言う私も若い頃朝食は食べていませんでした。でも朝食を毎日食べるようになってからの方が体調も良いので皆さんにも「朝食は食べる」を推奨しています。ただし、おすすめする食べ方があります。

朝食に合わせて昼夕も見直しを

私がおすすめするのは「朝昼しっかり夕食は軽く」です。夕食をお腹一杯食べると就寝中は体は消化に費やすことになります。夕食を軽くすると就寝中に内臓を休め、朝食を食べて腸を刺激して便を出すというサイクルが作れます。また、夕飯を減らすことで翌朝の目覚めが良くなります。目覚めのよさは実はなかなか気づきにくいのです。でもたまにお付き合いで晩ご飯を遅い時間にしっかり食べた翌朝など起き辛く、夕食の量の影響がてきめんに分かります。

朝食の内容

おすすめはパンよりごはんです。ご飯、味噌汁にたんぱく質のおかず1品と野菜1品といったところでしょうか。でも、朝食を食べる習慣がなかった人はいきなりこのメニューを毎日続けるのはハードルが高いと思われます。そんな場合はまず何かを食べることから始めてみてください。そこで、野菜ジュースとかゼリー飲料、栄養補助食品的なものはどうかとよく聞かれます。ダメではありませんがなるべく咀嚼して食べるものを選ぶようにして下さい。飲むより噛むです。

まとめ

夕飯は軽くすませ就寝中は内臓に負担をかけない、朝食昼食はしっかり食べエネルギーを補給する。食事は飲むだけで済まさずしっかり噛める食事をとる。

良くない食事
朝ご飯は食べる?食べない?本当はどっちがいいの

整骨院えんのホームページ 施術料金 施術日

この記事を書いたプロ

岸本好正

岸本好正(きしもとよしまさ)

岸本好正プロのその他のコンテンツ

Share

岸本好正プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正

整骨院えん

担当岸本好正(きしもとよしまさ)

地図・アクセス

岸本好正のソーシャルメディア

rss
整骨院えんブログ
2018-09-18

岸本好正のソーシャルメディア

rss
整骨院えんブログ
2018-09-18

岸本好正プロのその他のコンテンツ