まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
岸本好正

施術と指導で快適に動ける体へ導く整体のプロ

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

コラム

不明瞭なストレスと自律神経失調症

自律神経失調症

2016年6月10日 / 2017年9月7日更新

自律神経が乱れる原因に「ストレス」があります。ご自身で原因が明確に自覚できるストレスはまだいいのですが、自覚の無い不明瞭なストレスを抱えている方が自律神経失調症の方に多いです。

不明瞭なストレス

不明瞭なストレスを抱えている状態とは「私はこれがストレスです」とはっきり言えるものが特定できず、自分自身で具体的なストレスの原因がはっきりしない状態のことです。ストレスが全く思いつかないとおっしゃる方もいれば、漠然と「たぶん仕事です」と答える方もいらっしゃいます。

「私のストレスは仕事です。」といった場合でも、では仕事のどの部分にストレスを感じているのか、仕事内容なのか、仕事の業績なのか、仕事にかかわる対人関係なのか、仕事量なのか、そもそも仕事が合っていないのかといったことが明確でないことが多いのです。改めて考えてみても一番ストレスを感じているものには本能的に蓋をして見ないようにしてしまい、ストレスを感じているのかすら分からない患者さんもおられます。

ストレスの原因は一つではありません。小さなストレスがいくつも重なって発症していることもあります。このストレスの原因をはっきりさせていくことで体調が変化することがあります。

だんだん分かってくるストレス

当院に来られた患者さんの一人で、息苦しく感じたり急にドキドキしたり、寝付きにくかったりするのに検査で異常はみられない方がいらっしゃいました。薬でそのうち落ち着くと言われたまま数ヶ月経過していた状態で来院されました。

初めはストレスなど特に思いつかないと言っておられましたが、問診で会話を重ねるうちに心の奥に引っかかっている事が幾つかあることが見受けられました。当院の問診では症状を聞くだけでなく全く関係のなさそうな話もします。そして、「もしかして…」と感じたところを深く掘り下げてお話を聞くようにしています。

この方も全く関係なさそうに思える話がまさしく核心へ導き「私はこれがストレスになっていたのか」と自覚されるようになりました。

ストレスがはっきりするだけで体調に変化

ストレスが何かはっきり自覚しただけで体調が良い方へ変化していくことがあります。まだ何も現実は変わってなくてでもです。これは何人も患者さんと会ってそう感じます。自律神経失調症と診断された患者さんは、原因が見当たらないまま症状改善のための投薬が続けられる状態になることが多々あります。

以前、自律神経失調症と病院で診断を受け当院に来られた方は「自律神経失調症と言われた瞬間出口の見えない暗いトンネルに放り込まれたような感じ」とおっしゃっていました。このような患者さんは、現在の不快な症状の原因が少しでも見えてくるとことで改善への希望がわき、見えない心の緊張が緩和し症状が軽減するといった効果があるのかも知れません。


←自律神経の乱れと仕事自律神経失調症「話す」よりもっと大事なこと→

整骨院えんのホームページ 施術料金 施術日

この記事を書いたプロ

岸本好正

岸本好正(きしもとよしまさ)

岸本好正プロのその他のコンテンツ

Share

岸本好正プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正

整骨院えん

担当岸本好正(きしもとよしまさ)

地図・アクセス

岸本好正のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-20

岸本好正プロのその他のコンテンツ