まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
岸本好正

施術と指導で快適に動ける体へ導く整体のプロ

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

コラム

肩回し体操は肩甲骨を意識する

肩こり・首こり

2016年2月3日 / 2018年6月27日更新

肩周りの筋肉が固く緊張することで肩こりを感じるようになってきます。肩を動かすことは、固く緊張した筋肉をほぐす、筋肉が固くなるのを防ぐ効果があります。つまり改善と予防が同時に出来ます。

筋肉は肩甲骨にくっついている

この体操では肩甲骨を動かすことを意識してもらいます。なぜ肩甲骨を意識するのでしょうか?それは、肩こりに関係のある筋肉の一端が肩甲骨にくっついているからです。つまり、肩甲骨を動かすことで、こり固まった筋肉が動く(=ほぐれる)という事です。

肩回し体操

肩を回すだけでが、ポイントが幾つかあります。一番のポイントは「回すたびに肩甲骨が動くのを意識すること」です。肘を回すのですが、肩甲骨を動かすから肘が回る そんなイメージで回してください。


もう一つのポイントは、「ゆっくり回す」です。使っている筋肉を意識しながら回してください。回数も10回くらいでちゃっちゃっちゃと回してしまっては効果が薄いです、最低ゆっくり30回は回すようにしてください。大事なのでもう一度言います。ゆっくり回すがポイントです。

ツラいのは普段使えていないということ

はじめは30回がきつキツいかもしれません。キツいということは普段からその筋肉を使っていないことの裏返しです。続けて体操することで楽に回せるようになってきます。

肩甲骨が動かない人

肩こりのひどい人になると、腕を回しても肩甲骨があまり動かない人もいます。毎日続けることで少しずつ動くようにはなるのですが、時間がかかります。時間がかかるうちに「もういいや」と思ってしまわないためにも、まず施術を受け肩甲骨が動く状態にしてから体操を並行する方が改善が早いでしょう。

整骨院えん 肩こりの施術はこちら

整骨院えんのホームページ 施術料金 施術日

この記事を書いたプロ

岸本好正

岸本好正(きしもとよしまさ)

岸本好正プロのその他のコンテンツ

Share

岸本好正プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正

整骨院えん

担当岸本好正(きしもとよしまさ)

地図・アクセス

岸本好正のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-20

岸本好正プロのその他のコンテンツ