まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
岸本好正

施術と指導で快適に動ける体へ導く整体のプロ

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

コラム

脳の思い込みが肩こり解消を遅らせる

肩こり・首こり

2016年1月23日 / 2018年6月27日更新

体の状態と心の状態

当院には「マッサージにも行ったし、整体も行った、鍼も行ったし、整形にも行ったけど…」という肩こりの人が多く来られます。このようにいろいろな手段を試してみたけれどよくならないとおっしゃる方とゆっくりお話してみると「私の肩こりがよくなるわけない」とあきらめていたり、本人も治ることを望んでいるけれど「よくなるわけない」という気持ちもどこかに持っていたりします。中には「私の肩こりは特別酷いから誰にも治せませんよ」と肩こり自慢(?)される方もいらっしゃいます。このように頭の中で「私の肩こり=治らない」と方程式ができているとなかなか改善を感じないことが多いです。

なぜ治らないと思ってしまうのか

施術を受けても日常生活に戻ってしまうと、肩こりも元に戻ってしまう。その繰り返しが続くと「治らないんじゃないか」と思ってしまいます。こういった今までの過程から治らないという意識が自然に植え付けられてしまったかと思われます。

改善部分を少しずつ感じてもらう

このような人の場合、当院では少しの変化でも感じてもらうよう意識しています。実は悪くなった変化は気付きやすいのですが、良くなった変化は気付きにくいのです。少々動かしても痛くなかった肩が少し動かしただけで痛くなるような場合はよく気が付きます。でも、少し動かしただけで痛かった肩が、大きく動かせるようになった場合なかなか気付きません。実際痛みは出るにしろ大きく動かすことができるようになっているので改善の一歩はあるのです。でも動かすと痛みが出るわけですから、痛みがある→治ってない と感じてしまうわけです。このようなときに当院では「ここがこう良くなっていますよ」といったように声掛けしいます。そうすることで患者さんも「良くなっている」を認識でき、「治す気」「治る気」が湧いてきます。


整骨院えんの 肩こりの施術はこちら

整骨院えんのホームページ 施術料金 施術日

この記事を書いたプロ

岸本好正

岸本好正(きしもとよしまさ)

岸本好正プロのその他のコンテンツ

Share

岸本好正プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正

整骨院えん

担当岸本好正(きしもとよしまさ)

地図・アクセス

岸本好正のソーシャルメディア

rss
整骨院えんブログ
2018-08-20

岸本好正のソーシャルメディア

rss
整骨院えんブログ
2018-08-20

岸本好正プロのその他のコンテンツ