まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
岸本好正

施術と指導で快適に動ける体へ導く整体のプロ

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

コラム

肩こりに関係する筋肉

肩こり・首こり

2016年1月9日

肩こりに関係する筋肉

肩回りの様々な筋肉が固く張った状態になってくると肩こりを感じます。主に背中にある大きい三角形の筋肉(僧帽筋)が肩こりと大きく関係しています。ただし、肩こり=僧帽筋ではありません。大きい筋肉、小さい筋肉、様々な筋肉が関係しています。


肩だけもんでもダメ

肩こりに関係する筋肉を見ていただくと意外と広範囲にあることが分かります。ですから、僧帽筋の上の方(母さんの肩をたたきましょう♪とたたく部分)だけをたたいたり揉んだりほぐしたりではどうにもなりません。広範囲の施術が必要です。

表層と深層の筋肉

上の図のように筋肉には表層の筋肉、深層の筋肉(インナーマッスル)があります。
表層の筋肉は主に体を大きく動かしたりするときに使います。例えばものを持ち上げたり、ボールを投げたりといった動作です。逆に深層の筋肉は姿勢の維持などに使う持続の筋肉です。これは小さい筋肉なので姿勢が悪かったりすると筋肉への負担は大きくなり肩がこりやすくなります。

肩こりは、普段の体の使い方によって表層の筋肉がこる場合、深層の筋肉がこる場合と色々です。ですから、こっている部分に合わせて施術を変えていく必要があります。マッサージは表層の筋肉に対してアプローチできますが、指の届かない深層の筋肉がこっている人にはそれ以外のアプローチが必要です。

整骨院えんのホームページ 施術料金 施術日

この記事を書いたプロ

岸本好正

岸本好正(きしもとよしまさ)

岸本好正プロのその他のコンテンツ

Share

岸本好正プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正

整骨院えん

担当岸本好正(きしもとよしまさ)

地図・アクセス

岸本好正のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-20

岸本好正プロのその他のコンテンツ