まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
岸本好正

施術と指導で快適に動ける体へ導く整体のプロ

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

コラム

体調には波がある。体調が悪い時の受け止め方

心と体

2015年5月12日 / 2017年4月6日更新

しばらく施術を受け一旦良くなっていたのに、がくんと悪くなってしまった。特に何か悪くなることが思い当らないといった時、焦りますね。「このまま悪くなっていくのでは??」と不安になることもあるのではないでしょうか?ここで「悪くなった状態」をどう受け止めるかで、その後の体が変わってきます。

回復が遠のくネガティブなパターン

体調が悪い、痛いところがある、といった時に、「来週の旅行は楽しみだなあ」とか、「新しい髪形にチャレンジしてみようかな」などとは考えられないのが普通です。「またひどい痛みが来るんじゃないか」「実は何か悪い病気なのでは?」と後ろ向きな考えになってしまいがちです。性格もありますが、人は弱っているときはネガティブになりやすく、普段前向きな元気な人でも体調がすぐれないと弱気になったり、不安が勝ったりするのです。

そのようなときに、ネットで自分の症状を検索したりすると、どうしても悪い部分ばかり拾ってしまい、体調が良い時には歯牙にもかけなかった情報に翻弄されてしまいます。「~~になる可能性があります」などと書いてあれば「わたしは~~になってしまうんだ」と勝手に思い込んでしまったり…。体の歪みが悪いと書いてあれば、何が何でも歪みを治さなければ!歪みを治せる所はどこにある?と更に情報を集めたり。椅子が悪いと書いていれば椅子探しに奔走したり…こんな精神状態では体が回復に向かいません。

「そんな日もある」楽に受け止める

そこで「ああ、今日はそんな日なんだなぁ」と受け止めてみてください。
体の調子は健康な時でも波があります。調子のよい状態が続いていたのに急に調子が悪くなったり、逆にすごく痛かったのに朝起きたら意外と調子良かったりなんてことが実際によくあります。ですから、たまたま今日はそこ。体調の波の下の部分だと思ってください。

大きく構えて「そんな日もある」とさらっと受けてください。症状の事ばかり考えず、出来れば他の事に集中するのがいいでしょう。「ここが痛い。ここが痛い。」と考えて過ごした日より「ここが痛いと考えてる暇がないくらい忙しかった」そんな1日を過ごした時の方が回復が早かった経験がありませんか。ネガティブな考えは、体が回復するのを邪魔します。自身の考えが自身の体の回復の足を引っ張らないようにしてやりましょう。

とは言っても、不安や後ろ向きな考えから抜け出せない方もいると思います。そんな時は一度来院ください。その考えから抜け出すきっかけになるかもしれません。
体調には波がある
常に何かを考えている緊張のとれない体が不調を招く体調が全然よくならないと思う心のメカニズム

整骨院えんのホームページ 施術料金 施術日

この記事を書いたプロ

岸本好正

岸本好正(きしもとよしまさ)

岸本好正プロのその他のコンテンツ

Share

岸本好正プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正

整骨院えん

担当岸本好正(きしもとよしまさ)

地図・アクセス

岸本好正のソーシャルメディア

rss
整骨院えんブログ
2018-09-18

岸本好正のソーシャルメディア

rss
整骨院えんブログ
2018-09-18

岸本好正プロのその他のコンテンツ