まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
岸本好正

施術と指導で快適に動ける体へ導く整体のプロ

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

コラム

治りが遅い!お菓子好きには耳が痛い話

治療のスタンス

2014年12月29日 / 2017年4月23日更新

腰が痛い、肩が痛い、背中が痛い、膝が痛い…など痛みがある場合、程度の大きさはありますが炎症を起こしています。このように炎症がある場合おやつなど甘いものは控えるのがベストです。糖分をとり過ぎると炎症がなかなか収まりません。

腰の痛みがなかなか良くならないなと思いながら糖分を摂取していると、ますます、良くならないないということになります。

「大きく腫れている」という状態なら炎症起こしていると自覚できるのですが何かの動作をするとピリッとくるという場合は自分が炎症を起こしているとは思いません。しかし、これも炎症です。甘いものと言えば、菓子類を思いつきますが、糖分の含まれている飲み物も沢山ありますので結構摂取している可能性があります。

ではどれくらいまでOK?とよく聞かれるのですが体の中身は人それぞれで同じ量でも大丈夫な人もいれば影響の出る人もいます。口に入れる前に「これを食べること」と「回復が遅くなる」ことを天秤にかけて痛みが続くのが嫌だなと思えば止めればいいし、回復が遅くなっても食べたいなと思えば食べればいいのです。毎回毎回食べたいと思うかもしれないし、3回に1回は止めとこうと思うかもしれない。そんな風に減らしてみるのもいいですね。


←前のコラムを読む次のコラムを読む→

整骨院えんのホームページ 施術料金 施術日

この記事を書いたプロ

岸本好正

岸本好正(きしもとよしまさ)

岸本好正プロのその他のコンテンツ

Share

岸本好正プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正

整骨院えん

担当岸本好正(きしもとよしまさ)

地図・アクセス

岸本好正のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-20

岸本好正プロのその他のコンテンツ