まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
岸本好正

施術と指導で快適に動ける体へ導く整体のプロ

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

コラム

足が冷える!正しい順番は熱を作って保温する

冷え・血流

2014年12月23日 / 2017年5月11日更新

股関節を動かして足への血流をアップ!!

足先が冷たいと足先ばかり気になりますが足先だけ見ていてはなかなか改善しません。足への血流が悪くなればどんどん足が冷えますので足の付け根から足をグルグル動かして血液の流れを促しましょう。

また筋肉を動かすことで熱を作ります。温かい血液をどんどん足に運んであげましょう。腰痛の方など股関節の動きが悪くなっていることも多々あります。動きの悪い関節は血流も悪くなります。しっかり動かしてください。

足の指もしっかり動かす

足の指も動かして熱を作り血行をよくしましょう。5本指の靴下は指への刺激も高いのでおススメです。また、青竹ふみも血行をよくするアイテムとしておすすめしています。実際、足の冷えている人が5分ほどふんだら足の血色が変わります。

保温するのは足首

中から熱を作ったら、逃がさないようにしましょう。足首には皮膚近くに大きな血管が通っているので熱が逃げやすいです。足先の冷えが気になる方も足先より足首をしっかり保温して熱を逃がさないことがポイントです。

足首を保温するときはいきなりホワホワもこもこのもので覆うよりまず、少し圧迫するものを着けて上から靴下を履いたり、レッグウォーマーなどで覆うとより保温効果が望めます。

少し圧迫するものとしては圧着タイプのサポーターや包帯を巻く、ぴったりした靴下の先を切ったものなど代用できるものであれば何でもいいです。ただし、圧迫がきつ過ぎないものを選んでください。

まとめ

股関節を動かし足への血流をUPする。足を動かして発熱する。保温して熱を逃がさない の順です。中からの熱がなければいくら保温しても冷えてきますよ。


←前のコラムを読む次のコラムを読む→

整骨院えんのホームページ 施術料金 施術日

この記事を書いたプロ

岸本好正

岸本好正(きしもとよしまさ)

岸本好正プロのその他のコンテンツ

Share

岸本好正プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正

整骨院えん

担当岸本好正(きしもとよしまさ)

地図・アクセス

岸本好正のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-15

岸本好正プロのその他のコンテンツ