まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
岸本好正

施術と指導で快適に動ける体へ導く整体のプロ

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

コラム

体がふらつくが検査しても異常がない

疲労・ふらつき

2014年12月16日 / 2017年4月23日更新

動くとふらつく

駅からの帰り道まっすぐ歩いていたのにふらっとなる。階段を上っていたら倒れることはないけど、なんだかふらふらする。何かの病気?と心配されるのですが、病院で検査をしてもなんら異常はないといったことがあります。

これはスタミナ不足ということも考えられます。運動らしい運動をしていない方、もともと筋肉の少ない方、そんな方は単にスタミナ不足かもしれません。

スタミナupは筋力up

スタミナupしようと思ったら、しっかり栄養とらなくっちゃと考える方が少なくはありません。もちろん栄養は大事ですが体を動かすことが大事です。大事なのでもう一度言います。

「体を動かすことが大事です。」

体を動かさない、言い換えると筋肉を使っていないと使われない筋肉はどんどん落ちていきます。

筋肉を使わない
  ↓
筋肉が落ちる
  ↓
動くとしんどい
  ↓
しんどいので動かなくなる
  ↓
筋肉がさらに落ちる…

この循環を何度も繰り返している過程で、前よりしっかり歩けない、ふらつくといった自覚が出てきます。これは筋肉の持久力がなくなってきている証拠です。

スタミナupは日常生活から

もちろんジムなどに通ってトレーニングすることも良いですが、ふらつくくらいまでスタミナが落ちているといった場合、ジムなどのメニューはこなせないかも知れません。そうなって「やっぱり無理」と行かなくなるよりは、まず、日常生活の中で動く量を増やすことを考えてみるのをお勧めします。例えば、自転車で行っていたところを歩いてみる。家の中でも、テレビの電源を切るときはリモコンを使わずテレビまで動いて行って主電源できるなんてのもいいかもしれません。
便利になった分確実に動く量は減っています。
意識して増やさないとどんどん衰えていきますよ。

筋肉痛は乗り越える

こういった運動習慣がなくてスタミナが落ちてしまった方は少しの運動で筋肉痛、疲労感が出てきます。筋肉痛を乗り越えるとその筋肉は少しupします。さらに運動をしてまた筋肉痛になれば、治まった頃にはまた筋肉がupします。そうやって徐々に筋肉はアップしていきます。

はじめはツライかもしれませんが少しづつ動くことを増やしていきましょう。筋肉疲労を感じるくらい動くと翌日「あれ、今日調子いいかも♪」と変わってきますよ。


めまい・ふらつき・倦怠感など「なんとなく調子が悪い」人
疲労が溜まりやすいのは体の力がうまく抜けない人
慢性的な症状は体のメンテナンスで改善する

整骨院えんのホームページ 施術料金 施術日

この記事を書いたプロ

岸本好正

岸本好正(きしもとよしまさ)

岸本好正プロのその他のコンテンツ

Share

岸本好正プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正

整骨院えん

担当岸本好正(きしもとよしまさ)

地図・アクセス

岸本好正のソーシャルメディア

rss
整骨院えんブログ
2018-08-20

岸本好正のソーシャルメディア

rss
整骨院えんブログ
2018-08-20

岸本好正プロのその他のコンテンツ