まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
岸本好正

施術と指導で快適に動ける体へ導く整体のプロ

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

コラム

肩こりの原因のひとつは筋肉不足!

肩こり・首こり

2014年11月15日 / 2016年4月7日更新

肩から背中にかけての筋肉

肩から背中にかけての筋肉が減ってくる
   ↓
手の重みや胸の筋肉に引っ張られて肩が前にくる
   ↓
肩の筋肉が常に緊張状態
   ↓
肩に疲労物質がたまる
   ↓
肩こりを感じる

こんなサイクルでどんどん肩がこってきます。

そんな時は肩を意識して使う、筋肉が減ってきてるので動かしにくいけど頑張って使うのがいいです。日常生活の中で「使う」ことを増やしていきましょう あえて高いところ(ちょっと背伸びするくらい)に竿をおき洗濯物を干してみるなど工夫してみましょう。

肩こりは肩を動かさないことが原因です。動かさなくなる原因のひとつが筋力不足です。衰えると動かすのが億劫になり、肩を使わなくなっていきます。

意識して肩より上に腕を上げる動作を増やしてみてください。また、肩関節は多軸性の球関節と言われ、あらゆる方向に腕が動く構造になっています。上げる下げるの動きだけでなく、回したり左右に振ったりする動きもしていきましょう。

腹筋と背筋

腹筋と背筋が減ってくる
   ↓
姿勢が保てず背中が丸くなる
   ↓
前かがみになる
   ↓
手が前に落ちる
   ↓
手の重みや胸の筋肉に引っ張られて肩が前にくる
   ↓
肩の筋肉が常に緊張状態
   ↓
肩に疲労物質がたまる
   ↓
肩こりを感じる

といったサイクルになります。腹筋や背筋のなさが原因で肩の筋肉に負担がかかるというパターンです。体は全部つながってるので腹筋・背筋に限らず実は色々な筋肉がかかわってきています。

しっかり腹筋・背筋トレーニングをするという選択ができる方はどんどんやってください。でも、「トレーニング・・・・(T_T)」なんて方は”腹筋を意識する”それだけでもいつもより筋肉を使う事が出来ます。出来ることから取りかかっていきましょう。



整骨院えん 肩こりの施術はこちら

整骨院えんのホームページ 施術料金 施術日

この記事を書いたプロ

岸本好正

岸本好正(きしもとよしまさ)

岸本好正プロのその他のコンテンツ

Share

岸本好正プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正

整骨院えん

担当岸本好正(きしもとよしまさ)

地図・アクセス

岸本好正のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-20

岸本好正プロのその他のコンテンツ