まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
岸本好正

施術と指導で快適に動ける体へ導く整体のプロ

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

コラム

ぎっくり腰も慢性症状?

腰痛

2014年10月24日 / 2017年4月27日更新

例えば「こけて足首をひねって足首が痛い」といった場合は、足首を損傷していますので、悪い所と痛いところが一致しています。これはこけるという急性の出来事による痛みですので慢性の症状ではありません。

慢性の症状とは、
 ●長く症状が続いている、
 ●いつから痛いかはっきりしない
 ●痛めた原因も思いつかない
といった症状です。

ぎっくり腰も慢性症状

ぎっくり腰は何かをした拍子にグキッとして痛みが出ます。
ですから急性と思われるのですが、グキッとなる腰の状態になっていたのは以前からで、たまたま今朝グキッとなっただけなのです。

多くは腰に負担の多い生活を長く続けていて腰が耐えられなくなった時にぎっくり腰が起こります。ですから原因と言う観点から見ると慢性の症状であるとも言えます。

そして慢性の症状は日常の生活の中に原因が潜んでいます。
また、原因は1つだけではありません。
繰り返す症状の本当の原因


次のコラムを読む→

整骨院えんのホームページ 施術料金 施術日

この記事を書いたプロ

岸本好正

岸本好正(きしもとよしまさ)

岸本好正プロのその他のコンテンツ

Share

岸本好正プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正

整骨院えん

担当岸本好正(きしもとよしまさ)

地図・アクセス

岸本好正のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-20

岸本好正プロのその他のコンテンツ