まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
岸本好正

施術と指導で快適に動ける体へ導く整体のプロ

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

コラム

血流が悪いと何が悪いのか

冷え・血流

2014年10月12日 / 2017年5月11日更新

「血流をよくしましょう」「血の流れが悪いとダメですよ」とよく聞きますが、いったい何がどう悪いのでしょうか?そもそも血液にはどんな役割があるのでしょうか?
血液の役割、それは色々な物を運搬することです。代表的なものとして酸素・栄養・体温・免疫などです。また体の老廃物も血液にのって運ばれます。ひとつずつ見ていきましょう!

1.酸素

細胞が酸素を取り入れるとATP(アデノシン三リン酸)をつくります。ATPがないと生物は活動できないというくらい大事な物質です。回復する力であったり、動かす力だったりとにかく活動する力、元気の素です。

2.栄養

体にとりいれられた栄養は、血液にのって全身に運ばれます。

3.免疫

例えば指先に菌が入ってしまったとしたら、ちょうど指先を通りがかった血液中の免疫が菌をやっつけてくれます。血の流れが悪いという事は次から次へと免疫がやってきてくれない状態。「早く!次の戦闘隊員を送ってくださいー!」といった感じです。

4.体温

骨格筋と肝臓で作られた熱が血液を温めそれが全身をめぐることで体温が保たれています。

5.老廃物

これは血液にのって腎臓に運ばれ体外に排出されます。

まとめ

血流が悪いという事はこれらの機能が全て下がるという事です。元気の素が作られず、栄養も足りない。体温も運ばれてこない、悪い奴もやっつけられない老廃物も回収されない…といった状態。

だから血流が悪いのは体にとって悪いことだらけなのです。



次のコラムを読む→

整骨院えんのホームページ 施術料金 施術日

この記事を書いたプロ

岸本好正

岸本好正(きしもとよしまさ)

岸本好正プロのその他のコンテンツ

Share

岸本好正プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正

整骨院えん

担当岸本好正(きしもとよしまさ)

地図・アクセス

岸本好正のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-20

岸本好正プロのその他のコンテンツ