マイベストプロ京都

藤野正子プロのご紹介

着物を通して、日本の染織文化の伝統と美しさを伝えつつ、着物に新たな命を吹き込みたい(1/3)

きもの美人お誂えのプロ 	藤野正子さん

「普段着+ちょっとよそゆき」がコンセプト、寸法直しや染め替え等にも対応

 烏丸御池駅から徒歩5分。京町家を改装した懐かしいしつらえと新しいセンスを融合した外観が目を引く「Common こもん」。同店を営む藤野正子さんは、着物販売に加え、着物に関するあらゆる悩みや疑問相談に対応しています。

 大学卒業から数年後、京都の着物問屋に就職。全国各地の呉服店や染物、織物の産地を飛び回る日々の中で、ものづくりの素晴らしさに触れ、より深く着物に関わるようになっていったと振り返ります。

 やがて、展示会でフォーマル中心の高額な着物を販売することに疑問を抱き始めた藤野さんは、「日常生活に、気軽に楽しく取り入れてもらえるようなお洒落な着物を、自分の納得できる価格でお客様に直接届けよう!」と決心して、2008年に独立。「普段着+ちょっとよそいき」をコンセプトに、着物専門店「Common こもん」をオープン。さらに2015年には、遠方からのお客様の交通の利便性を考え、中京区押小路通新町に店舗を移転しました。

 藤野さんの夢は、より多くの方に、着物を着ることの楽しさと素晴らしさを伝え、ライフスタイルの一部に着物を取り入れてもらうこと。ライフスタイルの一部に着物が有れば、日々はもっと豊かで楽しく…、そんな思いを形にするための重要な仕事の一つとして「いとしきもの再生プロジェクト」に取り組んでいます。「お客様の周辺に眠っている着物や帯、羽織やコート類、長襦袢などのお手入れ、寸法直し、仕立て直し、染め替え、色かけ、リメイクなど、さまざまな相談を承っています」

 「袖丈や裄が手持ちの長襦袢と合わないとか、着物の身丈が短い場合は → 寸法直し」「大きなシミや汚れがある場合は → しみ抜き加工」「若い頃の派手な着物を地味な色にしたい場合は → 色かけや染め替え」など、各々のご相談内容に応じて方法を提案、年間数百点にものぼる着物や小物を再生させています。

 「着物のお手入れや再生には費用がかかり過ぎる!」と不安に感じておられる方は多いですが、そんな方にも諦めてほしくないと話す藤野さん。「できるだけ費用を抑えて、着物を再生させる方法をお客さまのご希望に沿って一緒に考えます。例えば、着用時に目立つシミだけを落として丸洗いすれば、すべての汚れを落とすよりも費用は安く抑えられます。寸法が合わない着物も、裄を直すだけで、あとは着付けの仕方で解決できる場合もあります」。タンスの中で長い間眠っていたきものや帯に新たな命を吹き込むため、一人一人のお客様の思いに合わせた提案を行い、着物再生に向けて最大限の努力を払うことが藤野さんの特徴です。

Share

藤野正子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-213-5013

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤野正子

Common こもん

担当藤野正子(ふじのまさこ)

地図・アクセス

藤野正子プロのコンテンツ