まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
里順子

若々しく美しい女性を目指すボディメイクのプロ

里順子(さとじゅんこ)

Body make studio Bonita

コラム

バストアップは肋骨を引き上げる筋肉が大事!

2018年3月5日 / 2018年9月18日更新

美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナ里順子です!(^^)!
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート!


バストアップは、姿勢が大事なポイントとなります。背中を丸く猫背姿勢でいるとバストが下がった位置になるのは、想像できると思います。背骨が丸くなると、肋骨も下を向いてしまうので、胸をはった綺麗な姿勢をつくる事が大事となるのです。

肋骨を引き上げる筋肉が小胸筋という筋肉です。
この筋肉は、肩甲骨の烏口突起(腕と鎖骨の間位)と肋骨(前)に付着しています。

普段、背中を丸く、腕も内側に向いていると、縮んで弱くなっていることが多い筋肉です。
小胸筋の働きは、肋骨を引き上げる働きと、肩甲骨を下げる働きがあるので、バストアップと、すっと開いたデコルテラインをつくるのに、とても重要な筋肉となります。

今回は小胸筋を使う肩甲骨の内、外転のエクササイズのご紹介です。



★背中の上部を丸めながら肘と手の甲を合わせます。

★手の平を後ろに向け、背骨の上部を反らす意識と肩甲骨を下げながら、肋骨を引き上げます。

★10回繰り返します。

丁寧に繰り返すことで、胸がはれて綺麗な姿勢がつくり易くなると思います。

美しい姿勢をつくることが、スタイルアップの近道です。

体験レッスンあります。

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト
Body make studio Bonita Junko Sato



Bonita

この記事を書いたプロ

里順子

里順子(さとじゅんこ)

里順子プロのその他のコンテンツ

Share

里順子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-10-17
facebook
Facebook

里順子プロのその他のコンテンツ