まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
里順子

若々しく美しい女性を目指すボディメイクのプロ

里順子(さとじゅんこ)

Body make studio Bonita

コラム

猫背を正して姿勢美人になりましょう!

美しい姿勢

2016年9月14日



猫背姿勢だと、関節がちゃんと働かなくなるので、肩こりや背中のこりの原因になります。
見た目では、老けた印象や暗い印象を与えてしまって、せっかくおしゃれをしても台無しです!

猫背姿勢で長期間いると、肩甲骨の動きが悪くなってゆるんだ背中になっていきます。
肩甲骨をしっかり動かして柔軟にすることと、筋肉を強化することで、美しい姿勢の維持とこりの解消になります。

肩甲骨を動かすエクササイズは何度かご紹介してきましたが、肩甲骨を柔軟にするには、

背骨、肋骨の柔軟性が必要です。

背骨が正しいラインで肩甲骨を動かすことがだいじなのです。

そうなると、土台となる骨盤の安定も必要となってきます。

肩甲骨を柔軟にするための準備が必要なのです(^_-)-☆

その部分だけ!というのは難しいのですね~

連動しているので、各関節がスムーズに動いてくれるように、エクササイズを組み合わせなくちゃいけないのですよね(^_-)-☆

骨盤、胸郭を整えた後に、肩甲骨のエクササイズです!
チューブをもって肩甲骨を下げていきます。肩甲骨を下げて寄せるイメージで動かします。
下げ寄せたら、なるべく筋肉の収縮感を残したまま腕を上げていきます。

上げていく時に、頭より後ろにチューブを上げます。(#^.^#)
今回は、骨盤の位置を正しく保てやすいようにCradleに座ってます。
クレイドルの緩やかなカーブが骨盤を正しい位置に安定させやすいのです。

女性で多いのが骨盤を正しい位置で保とうとする時に、腰の筋肉ががんばってしまって力が入った状態になるのです。
Cradleは、その無駄な緊張感を解消して、エクササイズが行えます。

肩甲骨の動きがしっかりと感じられます。

お家でする時には、座布団やクッションをお尻において骨盤を立ててやってもらうと良いです(^_-)-☆

下腹の収縮を忘れずに…☆




この記事を書いたプロ

里順子

里順子(さとじゅんこ)

里順子プロのその他のコンテンツ

Share

里順子プロのその他のコンテンツ