まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
浅井佳代

音楽の素晴らしさを伝えるマンツーマン指導のプロ

浅井佳代(あさいかよ)

浅井音楽教室

お電話での
お問い合わせ
075-394-0864

コラム

表現を広げるピアノのペダルはこうして使う!

アコースティック・ピアノには3本のペダルがあるのですが、機能や役割についてご存じない方も多いと思います。ペダルは伸びやかな音をだしたり、逆に響きを弱めたり、音量を小さくするものがあり、ピアノの演奏の幅を広げる役割をもっています。詳しく機能や役割を理解して正しく使うことで、よりピアノ演奏を楽しんでいただければと思います。

ピアノに備わる3つのペダルの種類とその役割について

右側のペダルは「ラウドペダル」や「ダンパーペダル」、ほかにも「フォルテペダル」「サスティニングペダル」とも呼ばれる最もよく使われるペダルです。

このペダルを踏むとダンパーというピアノの弦の響きを止めている部分が弦から離れます。鍵盤から指を離してもダンパーが弦から離れたままの状態になるので、音が広がるような豊かな響きが長持ちします。踏み込みの度合いによって音の伸び具合も調整できます。

中央のペダルはグランドピアノとアップライトピアノで役割が異なるのですが、グランドピアノの場合は「ソステヌートペダル」、アップライトピアノの場合は「マフラーペダル」と呼びます。
実はあまり使われることが少なくどんな役割をもつか知られていないペダルです。

グランドピアノ中央の「ソステヌートペダル」を踏んでいる間は、鍵盤から指を離しても音が止まらずにその音だけが持続する機能があります。右側の「ダンパーペダル」はすべての音が伸びるのですが、「ソステヌートペダル」はある特定の音だけを伸ばすことができます。
例えば、ひとつの音を持続させながら、別のフレーズを両手で弾くことができるのですが、ピアノ上級者もあまり使う頻度は多くないのではないでしょうか。

アップライトピアノ中央の「マフラーペダル」を踏みながら弾くと、ハンマーと弦の間にフェルトまたはクロスが入り、音量をかなり小さくすることができるようになります。ペダルを踏んだ後に右か左にペダルをずらすことで固定することも可能です。「マフラーペダル」は近隣へ迷惑を掛けないようにするために消音効果があります。夜にピアノの練習する際には使われる方も多いようです。

最後の一番左のペダルですが、グランドピアノは「シフトペダル」、アップライトピアノは「ソフトペダル」と呼ばれ、どちらも踏むとピアノの音を小さくします。

グランドピアノ左の「シフトペダル」を踏むと、ハンマーアクションが少し横に移動して叩く弦の数を減らすことで同じ力で弾いても音が小さくなります。弱音ペダルとも呼ばれます。

アップライトピアノ左の「ソフトペダル」はペダルを踏むとハンマー全体が弦に近づき、ハンマーの距離が小さくなるため音がソフトになります。音色は変化させずに、タッチ感がソフトに感じられます。

右ペダルは響きのある音を出すため、中央のペダルは練習時に音を小さくするため、左は音を小さくソフトにするためと覚えると簡単ですよ。

ピアノの音を華やかに美しくするペダルの正しい使い方を覚えよう

一般的にピアノ演奏時に使うペダルは右のペダルのことと覚えておきましょう。右ペダルはグランドピアノもアップライトピアノも役割は同じです。踏んでいる間は弾いた音すべてが響く効果があるのでそれぞれの音や和音を響かせて音楽をより美しく華やかに表現できます。

ではペダルの踏む場合ですが、右足の親指と人差し指の付け根から少し足の内側部分を、ペダルの手前3分の1ほどの所へ乗せ、かかとは床につけておきます。ペダルの根本には足を乗せないように気をつけましょう。
ペダルの上に全部足を乗せてしまうと、踏んでいないつもりでもペダルが押されてしまい、音が濁ることも。それに、深く踏むことができないため音がきちんと伸びないなど演奏に支障がでます。左足は通常通りに床につけておきます。このとき、左足と右足のかかとで体を支えます。

ペダルを踏むときはグッと一度にペダルの底まで踏み込みましょう。上げるときはさっと素早くが基本です。ゆっくりと踏み込んだり上げたりするとキレイに音が響かなかったり、音が切れないことがあるので注意してください。

ペダルを踏むタイミングや離すタイミングひとつで、演奏する曲のリズムや雰囲気が大きく変わります。コードのタイミングにもよりますが、指で鍵盤を弾いた少し後にペダルを踏むことをイメージするといいでしょう。

ピアノのペダルを使う時に注意するべきポイントとは

一つ目は、ペダルを踏むときにかかとが上がらないように気をつけることです。
素早くペダルの底まで踏もうとするとかかとが弾みで上がってしまう場合があるので、ペダルを踏んだときもかかとは床につけることを意識しましょう。
まれにお子様や女性の方でかかとを床に付けたままペダルを踏み込めない人がいますが、ほとんどの場合、腹筋や背筋が弱いことが原因のようです。そういう場合はトレーニングで腹筋や背筋を鍛えることをおすすめしています。

二つ目はペダルを元に戻す時は、完全に戻すことです。少しでもペダルに力が残っていると、響かせた音が残り、音が濁って汚い響きになるからです。また、電子ピアノのペダルは普通に上げてしまうと、バコっという音が出る場合があるので、雑音がでないように足を上げなければいけません。

表現の幅を広げるにはペダル操作は欠かせません。ペダルを正しいタイミングで踏み、正しいタイミングで戻せるよう基礎的な練習をしっかり行って、正しいペダルの使い方を習得して欲しいと思います。

この記事を書いたプロ

浅井佳代

浅井佳代(あさいかよ)

浅井佳代プロのその他のコンテンツ

Share

浅井佳代プロのその他のコンテンツ