まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
浅井佳代

音楽の素晴らしさを伝えるマンツーマン指導のプロ

浅井佳代(あさいかよ)

浅井音楽教室

お電話での
お問い合わせ
075-394-0864

浅井佳代プロのコラム一覧

世界の三大ピアノメーカーは米国の「スタインウェイ&サンズ」、ドイツの「ベヒシュタイン」、オーストリアの「べーゼンドルファー」です。各社とも150年以上の歴史を誇り、一つひとつ手作りによって世界最高峰のピアノを作りだしています。それぞれの魅力と音色の違いについてご紹介しましょう。...

ピアノの上級者になるためには、必要な経験年数は練習量やレッスンの頻度により違いがありますので非常に個人差があります。3年で上級者レベルをマスターする方もいれば、10年以上かけてマスターする方も。何年でどこまでマスターするとよいというような決まりはありませんので、あまり年数にこだわ...

子どもの頃にピアノを習っていて、「大人になってからまた始めたい」と言ったお話をよく聞きます。子どもの頃は練習が嫌でしかたがなかったけど、時間を置いて、ふとしたキッカケでピアノを弾きたくなる方は少なくないでしょう。そういった方はピアノを辞めた理由や再開したい理由をしっかりと踏...

ピアノは左手と右手で違う動きを素早く行うため、脳に刺激を与えるので脳が活発化します。また、音楽セラピーといわれるように、音楽は聴くだけではなく、自ら演奏することによってもリラックス効果や癒やし、ストレス解消などを期待できます。さらにピアノを弾くことは脳卒中やケガのリハビリにも...

ピアノの上達を目指すには練習が欠かせません。しかし、その過程で体のいずれかの部分に痛みやしびれを引き起こすことがあります。せっかくピアノを楽しみたくても手や腕などが痛くては演奏できません。今回はピアノによる体の故障の原因と対策をご紹介します。 ピアノを弾くことで起こる体の...

ピアノを弾けるようになりたいと始めたものの、数ヶ月で辞めたくなってしまう方もいるのではないでしょうか。さまざまな理由でピアノを辞めるケースはありますが、なかなかモチベーションが続かないという場合は、ちょっと待ってください。ピアノを続けるためにモチベーションを上げる方法や練習...

「譜読み」とは、初めて弾く曲の楽譜を見て、最初に曲のイメージを掴み、調号、拍子、速度記号、発想記号に沿って一通り流して弾けるようにする作業のことを指します。しかし、ピアノを始めたばかりの方が譜読みをしようとしても何から始めればいいのかわからないことも多いと思います。早く弾ける...

ピアノを弾く時に重要な「脱力」は、初心者だけではなく、中級者の方でも悩まれることの多いテーマです。ピアノのレッスンでは「脱力はとても大切」と言われることが多いのですが、どのように脱力すればいいのかわからないのではないでしょうか。今回は、ピアノの上達に欠かせない、脱力できる...

ピアノを始めると手が小さい方は悩まれることが多いと思います。また、両手で弾くことが難しいと感じられる方も多いです。ピアノを始めてみたものの、思うようにピアノが弾けないと辞めてしまうきっかけになりがちです。ですが、手が小さくても、両手で弾くことが苦手でも、それを乗り越えるた...

アコースティック・ピアノには3本のペダルがあるのですが、機能や役割についてご存じない方も多いと思います。ペダルは伸びやかな音をだしたり、逆に響きを弱めたり、音量を小さくするものがあり、ピアノの演奏の幅を広げる役割をもっています。詳しく機能や役割を理解して正しく使うことで、よりピ...

ピアノの上達には手首の使い方が大切になります。ショパンは「ピアノは手首で呼吸する」と言ったと言われていますが、それほど手首の使い方によって音の表情が出せるということなのです。手首を柔軟に使うには、弾きやすい正しい姿勢をとることが大切。それには、ピアノの椅子の高さや位置が関...

「ピアノは子どもの頃から始めていないと弾けない」と思い込んでいませんか?子どもの頃から始めるよさと、大人になってから始めるよさは違いますし、大人になってから始めて楽しんでいる方はたくさんいらっしゃいます。今回は、「ピアノは難しそう」「今から始めるのはもう遅いかも」と思って...

浅井佳代プロのその他のコンテンツ

Share

浅井佳代プロのその他のコンテンツ