まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
田中克茂

子どもが笑顔になる、ぬくもりある住まいをつくるプロ

田中克茂(たなかかつしげ)

一級建築士事務所 株式会社アンビエンテ

お電話での
お問い合わせ
075-708-3370

コラム

後悔しない土地探し 容積率と建ぺい率

後悔しない土地探し

2017年12月8日 / 2017年12月15日更新

建物の大きさに関わる規制で代表的なのが建ぺい率と容積率です。

建ぺい率

建築面積÷敷地面積×100%
敷地面積に対する建築面積の割合。
都市計画区域内では用途地域ごとに制限が定められている。
※建築面積 建物を真上から見た投影面積 Googleアースやドローンから建物を見た状態

容積率

延床面積÷敷地面積×100%
敷地にどれだけの延床面積の建物が建てれるのかを示す。
都市計画区域内では用途地域ごとに制限が定められている。



道路幅員による容積率


容積率は都市計画で定められた制限のほかに、敷地の前面道路幅員が12m未満の場合、
幅員によっても規制されます。
住居系用途地域の場合、前面道路幅員に0.4をかけた割合以下でなけれなばなりません。
都市計画で定められた割合と前面道路幅員で計算された割合のうち、小さい方が容積率になります。

・都市計画の割合200% 前面道路幅員6m×0.4*100=240% ∴容積率200%
・都市計画の割合200% 前面道路幅員5m×0.4*100=200% ∴容積率200%
・都市計画の割合200% 前面道路幅員4m×0.4*100=160% ∴容積率160%



前面道路が5m以下の場合、容積率は都市計画で定めらた割合より低くなります。
前面道路が4mの場合は大きく建物ボリュームに影響するので注意が必要です。

アンビエンテでは、土地購入前にどのような建物になるかプランニング致します。
お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いたプロ

田中克茂

田中克茂(たなかかつしげ)

田中克茂プロのその他のコンテンツ

Share

田中克茂プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-708-3370

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中克茂

一級建築士事務所 株式会社アンビエンテ

担当田中克茂(たなかかつしげ)

地図・アクセス

田中克茂プロのその他のコンテンツ