まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
新海みどり

心も身体も軽くするレッスンのプロ

新海みどり(しんかいみどり)

アレクサンダー・アライアンス・ジャパン京都校

お電話での
お問い合わせ
075-723-5433

コラム

ビジネスシーンでの自分自身の使い方を学習するーアレクサンダー・テクニーク

2010年8月8日 / 2013年3月1日更新


7月25日(日)記

今、Eschwege(発音できないのでドイツ語で)の駅から
フランクフルト中央駅に行く電車の中で書いています。

ガティンゲンで日本の新幹線のような電車、ICEに乗り換えたところです。
電車の中でたくさんの人たちがコンピューターで何かをしています。

天候には恵まれました。晴れていたし、気温も夏でした。今回はビデオや写真の撮影があったので、ラッキーでした。

80歳になったエバのことを書いたと思いますが、ガッティンゲンはエバが住んでいる街です。
大学の街で日本人も多く住んでいるそうです。
この街には二度来たことがあります。
ですから駅に見覚えがありました10番線からの電車に乗ったのですが、10番線は自転車のためか車いすのためか、長いスロープがあるホームです。
それは、なんとなく覚えています。それとエバと電車を待っている間に見たものに「アルバイト」と書いてある建物がありました。
エバに尋ねたら、「ハローワーク」のような建物のようでした。

いろんなことを思い出すものですね。

1.「コンピューターを使う、字を書く」というクラス


ところで、昨日の午後の私のクラスでは、「コンピューターを使う、字を書く」というアクティビティを教えました。
特に腕、手、指を使うという観点から教えるということでした。

スザンナという女の人は、仕事と家に帰ってからと合わせてコンピューターの前にいる時間は一日、8時間を超えるような人でした。
スザンナのご主人、マーティンも一緒に参加していました。
マーティンは、ドイツ校のディレクター、シリアからアレクサンダー・テクニークを彼が働いている保険会社の中で学んでいます。
最初はグループで。そして多くの社員の要求から個人レッスンも。
レッスン料金の半分を会社が負担、半分は自分で支払うそうです。

これはマーティンから聞いたのではなく、その会社でアレクサンダー・テクニークと出会って、
現在、教師養成プログラムに参加しているディアナから聞いた話です。
「会社で仕事をしていて、疲れたら、階下に行ってシリアからレッスンを受けて、フレッシュになってからまた仕事にもどると
仕事の効率がよくなるのよ」と話していました。


日本でも会社の中に鍼灸やマッサージの治療室がある会社がありますよね。
そんな感じで、アレクサンダー・テクニーク室があるとよいですね。
アレクサンダー・テクニークは肩こり、首の疲れ、腰痛のような痛みの軽減や全身の疲れの軽減に役に立ちます。

また心の疲れにも。余分な緊張をやめることで、身体も、心も軽くなるという経験をしていただくことができます。

また私達はアレクサンダー・テクニークは教育といっていますので、「自分の自身の使い方の再学習」をしていただきます。

例えば、コンピューターを使っている時、何を思い出すと身体が楽になるか、どのように思って見ると目が楽か、
身体が楽だと仕事の効率がよいなどのをグループで、または個人レッスンで皆さんに学んでいただけます。

―2.ビジネスシーンでのコミュニケーションにつづく―

この記事を書いたプロ

新海みどり

新海みどり(しんかいみどり)

新海みどりプロのその他のコンテンツ

Share