まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
松村明洋

体を優しくケアする鍼灸のプロ

松村明洋(まつむらあきひろ)

あき鍼灸院

お電話での
お問い合わせ
075-231-7170

コラム

つわりについて(夏場編)

2014年7月14日

毎日暑い中が続いていますがいかがお過ごしでしょうか


夏場は東洋学でいうところの 暑邪(しょじゃ)、湿邪(しつじゃ)というものが身体に影響を及ぼします


そして春や冬などに妊娠したときとはまた身体の状態もちがいます。


ご自身の身体の状態と外的要因が加わってつわりが出るのです


特に梅雨時、夏場時の6月~8、9月のつわりはきついように感じられます


実際、前の妊娠が冬時期の方が、今の時期に2人を妊娠されたのですが,つわりの感じが違うとおっしゃられていました。


そうした患者さんも診させていただいていることから、今回は季節から見た つわりの治療(夏場編)と題してお送りしています。

この記事を書いたプロ

松村明洋

松村明洋(まつむらあきひろ)

松村明洋プロのその他のコンテンツ

Share