まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
小林茂

足と靴の悩み解決のプロ

小林茂(こばやししげる)

靴屋楽ちん 伏見本店

お電話での
お問い合わせ
075-646-3092

コラム

「幅広」が「楽な靴」とは限らない

よくある質問

2017年9月23日

こんにちは

行きたい所に行ける靴をナビゲートする

靴屋楽ちん代表 小林茂(トム)です



足の模型 と ひも靴 ↑


☆ 【幅広の靴】

「幅広の靴」ください

お客様からよく言われる言葉です

しかし、実際に「幅広の靴」を必要とする足のタイプ(幅広・甲高)は半分以下で

半分以上の人は間違った靴選びをされています


☆【幅広が必要と勘違いする理由】

その理由として

●外反母趾で母趾側面が出っ張っていて、その部分の圧迫を避けたい

●うおの目で本来履くべき(ピッタリ)サイズだと、うおの目を刺激する。それを避けるために

●巻き爪でつま先が触れると痛いから、ゆびさきに大きな余裕ある靴を選ぶ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

本来の足幅より(Bの幅が正しい)

幅広過ぎる靴を選ぶ(Aの幅は間違い)

大き目のサイズを選ぶサイズ大きすぎる靴を選ぶケースがほとんどです)



外反母趾のケース(左足) 足幅で靴を選ぶ場合 Aは間違い Bが正しい ↑


☆【幅広過ぎる靴を履くと】

本来の足幅より「幅広過ぎる靴」を選ぶとなぜ良くないのか?

それは、靴の中で隙間ができ、足が前すべりしてしまい

足の変形や、足の症状が悪くなるケースがあるからです


ひも靴のひもの役割 足の甲面を包むように締める ①足を靴中で固定 ②足のアーチをサポートする ↑
特にひも靴だと、この差が顕著にでます

本来は、紐で足の甲まわりをしっかり固定することができ、

足の横アーチをサポートすることができます

幅広過ぎる靴だと、それができないために足を守ることができません



☆【楽ちんの靴の選び方】

第一に、本来の足幅にあう靴を選びます

足の変形がある方(外反母趾で足の側面が出っ張っているなど)は

そのままでは履けないので

第二に、変形部分をポイントで延ばします



母趾の側面を延ばす(一例) ↑

☆【まとめ】
足の変形・トラブルが強い方は、

自分流に勝手に痛くない靴を選ぶことが

かえって症状を悪くする靴選びとなるケースがあります



専門のスタッフがいる

相談できるスタッフがいる

じっくり時間をかけることができる店で

靴選びされることをおすすめします

この記事を書いたプロ

小林茂

小林茂(こばやししげる)

小林茂プロのその他のコンテンツ

Share

小林茂プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-646-3092

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小林茂

靴屋楽ちん 伏見本店

担当小林茂(こばやししげる)

地図・アクセス

小林茂プロのその他のコンテンツ