まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
小林茂

足と靴の悩み解決のプロ

小林茂(こばやししげる)

靴屋楽ちん 伏見本店

お電話での
お問い合わせ
075-646-3092

コラム

日本整形靴技術協会(IVO)学術大会 その2

学術大会

2016年2月24日

こんにちは
【行きたい所に行ける靴をナビゲートする店】
靴屋楽ちん代表の『トム』こと小林茂です

※ 今回は学術大会についてのお話しです
  店とは関係ない内容ですので興味ない方はスルーしてください








第12回日本整形靴技術協会学術大会大阪大会の内容です
特別講演4名、一般演題20名が行われました

特別講演は 各先生60分お話しいただきました









      ロボット工学博士 本田幸夫先生
        ロボット革命により未来はどうなるのかなどお話でした
      国際医療福祉大学大学院教授 山本澄子先生 
         人の歩き方をバイオメカニクスで説明してもらう
      彦根市立病院糖尿病代謝内科主任部長 黒江 彰先生 
         糖尿病の原因や怖さの話でした
      米足病医 泉 友紀先生
         足部の機能と糖尿病についての話でした

一般講演は靴従事者・義肢装具従事者・医療従事者の先生が各7分お話しされます 
 
私たち靴関係者も、これだけ多くの貴重な内容を勉強できるのはこの機会しかありません
特に印象的だった講演内容が何点かあります

⚫︎ロボットの開発はある程度自己責任で思い切ってスタートさせないと進まない
安心・安全は大事なことは当然であるが、開発をすすめる段階では
ある程度思い切って行動しないと革命的なことは起きない

⚫︎(年代別人口分布図から見ても確実に高齢者が増え、それを支える若者が減ることがあきらかなので)
介護ロボットの開発が超高齢化社会と認知症増加に対応できる最重要課題であること

⚫︎日本では糖尿病人口が近年爆発的に増加して950万人に予備軍が1100万人いるそうです
そして一年で2万人が糖尿病の悪化により足を切断することになるそうです
そこまで悪くなるまでの治療と、足を守るために中敷・靴はとても重要であること

超高齢化社会をむかえる日本において
生活習慣病(糖尿病・高血圧症・動脈硬化)、認知症などの病気が発生しやすくなります
いつまでも元気に過ごすためにも自分で自由に動けること歩けること
そのためにも足・靴の環境が大事なことが講演を聴くことでさらに理解できました

私たちこれからも勉強して
「行きたい所に行ける靴をあなたにナビゲート」できるように努力していきたいと思います


靴屋楽ちん伏見本店
●TEL 075-646-3092                            
●定休日     月曜                
●営業時間   10時~19時              
●靴屋 楽ちんHP http://www.928rakuchin.com/   

靴屋楽ちん 三条店
●075-251-1992
●三条店ブログ http://sanjo928.jugem.jp/

この記事を書いたプロ

小林茂

小林茂(こばやししげる)

小林茂プロのその他のコンテンツ

Share

小林茂プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-646-3092

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小林茂

靴屋楽ちん 伏見本店

担当小林茂(こばやししげる)

地図・アクセス

小林茂プロのその他のコンテンツ