まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ熊本
吉野悟

コンセプトハウス造りのプロ

吉野悟(よしのさとる)

アーバンホーム株式会社

コラム

新築の間取り失敗を防ぐために配慮すること

子育て世代の間取り

2018年4月25日

これから憧れのマイホームを新築するといった際、もっとも気をつけなければならないのは間取りです。

それぞれの部屋の収納場所やコンセントの数、位置に関しては事前にしっかりと検討しておく必要があります。

間取りに収納やコンセントは関係ないと思われるかもしれません。しかし、これらは生活動線と密接に関連しているため、適当に考えていると後になって非常に使いづらい家になってしまいます。

新築の間取りで失敗しないための収納とコンセンの数、位置などについてご紹介します。

収納が足りない

引っ越しで荷物をまとめると、「よくこれだけの荷物がこの家に収まっていたな」と思われるかたは多いのではないでしょうか。

不必要なものは処分しているつもりでも、いざすべての荷物を整理するとなると、膨大な数の不必要品が出てくることは珍しいことではありません。

無駄なものを極力減らすには、定期的に不必要品を処分するのが一番です。しかし収納スペースの奥にしまったものは気づきにくく、引っ越しをした直後は片付いていても、気がつけばまた荷物が増え、もっと収納スペースを用意しておけばよかったと後悔することになります。

新築の家で収納スペースを決めるうえでもっとも重要なことは、現在の荷物の量を把握することはもちろん、どう収納したいのかを決め、それを建築士や施工会社にしっかりと伝えることです。

例えば読書が趣味で本が何千冊とあるといった場合でも、普段読む分だけを残して後はしまっておきたいという場合と、見える収納ですべての本をいつでも読めるようにしたいといった場合では、収納の形は大きく変わります。

どれだけあるかだけではなく、どう収納したいのかも伝えることで、収納スペースが足りなくなるリスクは軽減できます。

ほかにも、滅多に使わないものやストーブ、扇風機などの季節用品を収納する場所は、生活動線の中心からは遠くに設置するなど、収納するものによって間取りや設置も考慮したほうがよいでしょう。

また収納スペースを取り過ぎると、整理を怠りがちになります。最低限必要なスペースを確保し、そこに入らないものは処分するといったルールを設定することで、居住スペースを広くすることもおすすめです。

コンセントが足りない

生活をするうえでなくてはならない電化製品。さらに最近はスマートフォン、タブレット、ビデオムービー、デジカメ、ハンディクリーナーなど充電が必要な機器も増えています。

そのため電化製品の数だけでコンセントの数を決めてしまうと、後になってもっとコンセントを設置しておけばよかったということになります。

また以前は炊飯器や電子レンジ、冷蔵庫、トースターぐらいだったキッチン家電も、ブレンダーやジューサー、パンメーカーなど、さまざまなアイテムが提案されています。

そのため、キッチンのコンセントもこれまで以上に必要になる可能性があります。そして最近流行りのアイランドキッチンのように、壁面が近くにないキッチンは特に注意が必要です。開放的なキッチンを実現したものの、コンセントが足りなくて使いづらいとなっては意味がありません。

コンセントは設置する位置も重要

コンセントは数だけではなく、設置する位置も重要です。階段付近にコンセントがないことで、掃除をする際にコードが届かなくなり掃除機がかけづらい。布団で寝ることを想定していたがベッドを入れることになり、コンセントが隠れてしまったなど、生活をしていくうちに不便に気づく、不便になってしまうということも少なくありません。

こうしたことを防ぐためには、設計図の段階で家具と家電の配置を書き込み、それに対してコンセントの数と位置を確認することです。またその際には、掃除機のように移動しながら使う電化製品も考慮することがポイントになります。加えて充電が必要な機器の分を考え、少し多めに設置するようにすることをおすすめします。

ほかに、照明スイッチの位置も十分に考慮しておくことが必要です。ドアの開閉時に隠れてしまわないようにすることや、帰宅時、就寝時などの際に照明を消すためだけに移動しなくてもいいように、生活動線の中に設置するようにするようにしましょう。

間取りは長期的な視点から考えることが重要

今回、収納スペースとコンセントから見る新築の間取りについてご紹介してきました。どちらも生活していくうえで欠かすことのできないもののため、間取りを決める際に合わせて考えていかないと、後になって後悔することになってしまいます。

ポイントは、今だけのことを考えて間取りを設計するのではなく、家族構成や将来設計を考慮し、長期的な視点で考えることです。

新築の時は小さかったお子さんが成長していけば、使う電化製品も増えますし、荷物も増えます。

コンセントは後からでも増やすことは可能ですが、収納を増やすことは簡単ではありません。10年後、20年後を見据えた設計を考えて行きましょう。

この記事を書いたプロ

吉野悟

吉野悟(よしのさとる)

吉野悟プロのその他のコンテンツ

Share

吉野悟プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-504-552

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野悟

アーバンホーム株式会社

担当吉野悟(よしのさとる)

地図・アクセス

吉野悟プロのその他のコンテンツ