マイベストプロ熊本

筒井永英プロのご紹介

移住・起業経験をもとに、地方でのビジネス成功をサポート(1/3)

筒井永英 つついのりえ

集客・販売促進やIT化など実践的なノウハウをアドバイス

 「地方でビジネスを始めたい」「業務フローを改善して売上を伸ばしたい」など、現状を変えたいと思っていることはありませんか。天草市に拠点を置く「fao agrocommunication」代表の筒井永英さんは、2021年から新たに、起業・複業支援や、小規模事業者に向けた業務効率化・IT化支援事業をスタートさせています。

 2016年に天草市に移り住んだという筒井さん。みかんを使った加工品の製造・販売での起業を皮切りに、ライターとしての執筆など、複数の本業(複業)を持つ「パラレルワーカー」として活動の幅を広げてきました。

 さまざまな仕事を経験してきた筒井さんだからこそ、実務に即した細やかなサポートが行えます。「加工品販売では、製造から集客、SNS・ホームページ運営まで一貫して携わっているため、使いやすい決済システムや商品写真の撮り方など、実践的なノウハウを伝えることができます」

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、飲食店をはじめ、事業の縮小や再建を迫られる事業者は少なくありません。あるとき、レストランなどに海産物を卸していた地元漁師が、納品先がなく困っていると聞き、何かできることはないかと協力して、合同会社を立ち上げました。

 「ECサイトでの販路開拓や、漁業体験など新たなサービスを打ち出し、業績アップを目指しています。また、ある産業カウンセラーの開業に際し、ホームページ開設やシステム導入を個人的にお手伝いしました。業種を問わず、幅広い対応が可能ですので、まずはご相談ください」と話します。

Share

筒井永英プロのコンテンツ