マイベストプロ熊本
  1. 【補助金】 「なりわい再建支援補助金」がはじまります。
古閑公士

幅広い許認可申請支援や、適切な相続手法提案のプロ

古閑公士(こがまさし)

古閑公士行政書士事務所

コラム

【補助金】 「なりわい再建支援補助金」がはじまります。

2020年9月1日

テーマ:中小企業等支援

コラムカテゴリ:お金・保険

コラムキーワード: 補助金 助成金資金調達 方法行政書士 相談

 この度の「令和2年7月豪雨災害」において被害を受けられた皆様へ心からお見舞いを申し上げます。

 「令和2年7月豪雨による災害」からの復旧を目指す中小企業等に対して、「なりわい再建支援補助金」の申請手続が開始されました。

 熊本地震の際は、グループを作って申請する必要がありましたが、今回は事業者単独でも申請することができますので、よりスピーディーな手続が可能です。災害被害から一刻も早く復旧するためにも、事業者の方々はぜひとも活用をご検討ください。

 補助金の対象となるのは、今回の豪雨により被災した施設や設備の復旧・整備に要する経費で、中小企業者の場合、原則としてその4分の3の額が支給されます(上限額15億円)。
 なお、被災前に所有していた施設や設備が限度で、原則、それよりも過剰(性能・数量)な整備はできないことになっているので注意しましょう。
 復旧後、対象となった施設等には、一定の損害保険等を掛けなければならないといった要件が新たに加わっていることもポイントです。

 第一次公募の受付は8月31日(月)から9月18日(金)までですが、それ以降も順次受付期間が設けられる予定です。

 補助金の申請は、行政書士法による場合を除き、申請者自身が作成する必要があります。
 特に悪質なコンサルタント業者には十分にご注意ください。

熊本県ホームページ
「なりわい再建支援補助金(新グループ補助金)」

家屋の再建

熊本県行政書士会会員
古閑公士行政書士事務所
事務所ホームページはこちらです
TEL:090-4587-5408
★テレビ会議システムを利用した遠隔でのご相談も可能です。

この記事を書いたプロ

古閑公士

幅広い許認可申請支援や、適切な相続手法提案のプロ

古閑公士(古閑公士行政書士事務所)

Share

関連するコラム

古閑公士プロのコンテンツ