マイベストプロ熊本
  1. 【補助金】 消毒液とマスクも対象~持続化補助金に「事業再開枠」
古閑公士

幅広い許認可申請支援や、適切な相続手法提案のプロ

古閑公士(こがまさし)

古閑公士行政書士事務所

コラム

【補助金】 消毒液とマスクも対象~持続化補助金に「事業再開枠」

2020年5月23日 公開 / 2020年5月30日更新

テーマ:補助金関係

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 補助金 助成金資金調達 方法行政書士 相談

中小企業の事業再開を強力に後押しするため、小規模事業者持続化補助金「一般枠」及び「コロナ対策特別枠」に、あらたに「事業再開枠」が加えられました。

マスクと消毒液の感染防止対策用品

緊急事態宣言の解除にともなって、事業を再開する事業者には業種別ごとにガイドライン等に沿った対策が求められます。その対策の中で必要な消毒液やマスク、換気設備費用などといった感染予防対策の投資に対する、別枠で加えられた補助金が「事業再開枠」です。
これにより持続化補助金の補助額上限が150万円になりました。

申請は「事業再開枠」単独ではできず、あくまで販路開拓等の「一般型」または「コロナ対策特別枠」での計画に併せて申請することになります。
補助額は、採択された総補助額の2分の1以下で、対象経費であれば全額補助されます(上限は50万円)。

第3回公募分(2020年10月2日締切)からは「事業再開枠」が加えられた様式に変更になるので、申請書作成には注意が必要です。

なお、公募第1回及び第2回の採択者には、「事業再開枠」の申請書式が個別に送付されてくることになっています。この枠を活用したい事業者の方は、交付決定日から30日以内に申請しなければなりません。

早く元の事業の波に戻れるように頑張っていきましょう。

参考:事業再開支援パッケージ概要

熊本県行政書士会会員
古閑公士行政書士事務所
事務所ホームページはこちらです
TEL:090-4587-5408
★テレビ会議システムを利用した遠隔でのご相談も可能です。

この記事を書いたプロ

古閑公士

幅広い許認可申請支援や、適切な相続手法提案のプロ

古閑公士(古閑公士行政書士事務所)

Share

関連するコラム

古閑公士プロのコンテンツ