まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ熊本
藤本京介

建築塗装のプロ

藤本京介(ふじもときょうすけ)

有限会社フジモト創社

お電話での
お問い合わせ
096-368-0085

コラム

塗料の希釈について

2018年4月13日

塗装工事を行う際、一般的に塗料をシンナー等で希釈して塗装を行います。
例えば、水性塗料の場合は、水で希釈率5〜8% 弱溶剤塗料の場合は、塗料シンナーで
希釈率5〜10%など、これらは、きちんと塗料の標準塗装仕様に明記されています。
これは、塗料の性能を100%引き出し、塗装を均一に綺麗仕上げるのに非常に重要なことです。

このだいじな塗料の希釈、現場では、ほとんど目分量で行われているのが現状です。
私自身も以前は目分量で行っていました。
プロだから目分量でもきっちり希釈できると思っている職人がほとんどです。
(もちろん薄めた感覚できっちり希釈できる達人もいると思いますが)
しかし、それで良いのでしょうか?

私には、規定の割合に希釈しているというよりも、自分で塗りやすいように希釈しているとしか
思えません。ましてや、同じ現場で、職人各々が目分量で希釈した場合同じ希釈率になるでしょうか?
一人は5%、一人は10%かもしれません。それでは、均一できちんとした塗装は出来ませんね。

当店では、面倒でもすべて秤で希釈率を計量しています。
例えば、希釈率10%の場合、職長が10%希釈を指示すれば職人全員が、秤できっちり10%
希釈し、誰が塗っても均一で一貫した塗装が出来ます。

この記事を書いたプロ

藤本京介

藤本京介(ふじもときょうすけ)

藤本京介プロのその他のコンテンツ

Share

藤本京介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
096-368-0085

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本京介

有限会社フジモト創社

担当藤本京介(ふじもときょうすけ)

地図・アクセス

藤本京介プロのその他のコンテンツ