まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ熊本
藤本京介

建築塗装のプロ

藤本京介(ふじもときょうすけ)

有限会社フジモト創社

お電話での
お問い合わせ
096-368-0085

コラム

自分で出来る雨漏りチェック!

2015年6月11日 / 2015年6月12日更新

熊本は、もう梅雨入りしましたが、今から1ヶ月ちょっと家にとってもいやな季節ですね。
さて、今回のテーマは、住宅にとって非常に怖くて、やっかいな雨漏れです。
すでに室内に雨漏りしている場合はもちろんのこと、まだ雨漏りしてなくても、たまたま
室内に落ちてないのかもしれませんね。
そんな、怖い雨漏れを室内からと、外から眺めて出来る安全で簡単、しかも結構重要な点検
方法を、ご紹介します。


雨漏りの原因


まず雨漏れの原因としては、
①建物の構造上の問題・・・新築時の雨仕舞いの悪さ、防水紙や防水テープの施工不良、防水
 工事の施工ミス等
②建物の老朽化・・・屋根材及び屋根下地防水ルーフィング等などの耐用年数経過によるもの、
 壁のひび割れ、サイディングなどのシーリング材の劣化・剥離等
③人為的なもの・・・屋根に上がって工事の際の瓦等屋根材の踏み割り、アンテナ線などからの
 雨づたい、ボールや洗濯物などの引っかかりによる詰まり。
④自然災害・・・台風・地震等による瓦等屋根材の浮き・ずれ・壁の割れ等

室内から出来るチェック

①シミがないか・・・室内を見回して壁・天井等に雨漏れの跡がないか、特定の場所にカビが生
 えていないかチェック!
②クロスの剥がれ・・・天井付近のクロスの継ぎ目が剥がれていないか、特定の場所だけにクロ
 スの変色がないかチェック!
③雨の音・・・雨が降っている時、天井の上に雨が落ちているような音がしないかをチェック!
④窓枠・・・窓枠などの上部のネジ部分などに雨が漏った跡などがないかをチェック!


外から出来るチェック

①眺める・・・少し離れた所から、2階の屋根を眺めてみて、瓦やコロニアルなどの屋根材が、
 浮いたりずれたり変な所がないかをチェック!
②ベランダ・・・ベランダ床部分がぶわぶわしていないか、ヒビが入っていないか、また、排水
 口に詰まりはないか、下から眺めてみて、排水口廻りに黒ずみやシミがないかチェック!
③軒裏ボード・・・家の軒裏ボード部分を眺めてみて黒ずんだりシミがないかをチェック!
④ひび割れ・・・外壁にヒビ割れが入っていないか、サイディング壁の場合は、シーリングが
 外れていないか、ボードの継ぎ目が盛り上がっていないか、特にサッシの雨切り部分はなど
 は、重点的にチェック!
⑤壁の浮き・・・壁を少したたいてみたり、押したりしてみて壁が浮いていないかチェック!


問題があった場合の対策

雨漏れは、非常に原因発見が難しいものです。
水は、高いところから低い所へ、いろいろな物を伝わって流れます。
今、雨漏れしている場所の真上とは限りません。室内と室外を雨漏れチェックしてみて少しでも
怪しいところがあった場合は、私たち専門家に見てもらい詳しくチェックしてもらいましょう。

すでに雨漏りしている場合は、雨漏りしているときの状況、雨が降ってすぐ漏れ出すのか、しば
らく時間が経ってから漏れるのか、雨が漏った時の風向き例えば、西風の時の漏れるとかなど
詳しく教えていただければ、雨漏り調査を行う時、早期原因発見に非常に役立ちます。

この記事を書いたプロ

藤本京介

藤本京介(ふじもときょうすけ)

藤本京介プロのその他のコンテンツ

Share

藤本京介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
096-368-0085

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本京介

有限会社フジモト創社

担当藤本京介(ふじもときょうすけ)

地図・アクセス

藤本京介プロのその他のコンテンツ