まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ熊本
宮本格尚

歯の健康から強い心と体をつくる歯科治療のプロ

宮本格尚(みやもとのりひさ)

城南歯科医院

お電話での
お問い合わせ
096-351-4986

コラム

かみ合わせ治療による頚椎(首の骨)配列の変化

噛み合わせ

2012年10月17日 / 2014年7月18日更新

首の骨も含めた人間の脊柱(背骨)は、1本の骨ではなく、積み木を重ねたような形態をしております。
それを筋肉や靭帯などで四方八方に引っ張って立っています。丁度、テントの支柱をロープで引っ張って、立てているような感じです。つまり、骨の並びはこの引っ張る力加減で決まります。

首の骨(頚椎)は7つの骨から出来ており、正常な首は顔の前方に向かって緩やかな湾曲をしております。

ところが、かみ合わせから起こる筋肉バランスの不良から、それを補償するように頚椎配列が乱れ、それが様々な病気の要因となっています。
整形外科に行くと、「頚椎ヘルニア」とか「頚椎すべり症」とか様々な診断名を付けられて、経過観察や場合によっては「手術」を言い渡される事もあります。
仮に手術をしても、骨だけで筋肉や靭帯は触りませんので、そのアンバランスは残り、症状の後戻りを起こす事があります。やはり根本原因を解決する必要があります。

今回提示する症例は、かみ合わせ治療だけで症状の改善を見た例です。


当医院では、他にも多数の患者様の、かみ合わせ治療を行っておりますが、やはり皆さん頚椎配列の変化(正常化)が起こっております。首は万病の元です。まさにネック(命取り)ですので、注意されて下さい。

この記事を書いたプロ

宮本格尚

宮本格尚(みやもとのりひさ)

宮本格尚プロのその他のコンテンツ

Share

宮本格尚プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
096-351-4986

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本格尚

城南歯科医院

担当宮本格尚(みやもとのりひさ)

地図・アクセス

宮本格尚プロのその他のコンテンツ