まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ熊本
岩本悟

夢を形にするお金のプロ

岩本悟(いわもとさとる)

有限会社 FPパートナー

コラム

生命保険の基本形は3つ  正しく理解しましょう

2012年10月24日 / 2012年10月25日更新

1、定期保険 ⇒ 掛捨て保険

  銀行の定期預金と勘違いされてる方もいらっしゃいますが、積立保険ではありません。

  一定期間を保障する「期間が定まった保険」です。

  この保険のポイントは、安いコストで大きな保障を買いたいときに使います。

  例えば子供が小さい時に、万一に備えての保障など
 
  この定期保険にも 保障額が一定の定期保険  保障が毎年減っていく逓減定期保険

  万一があった場合 遺族年金の上乗せとして 毎月受け取る 収入保障保険といろいろあります。

  加入目的や 受取方を考えて加入する事によって 掛け金を大きく 節約できます。

2、養老保険 ⇒ 積立保険

  保障額と 満期金が同額の シンプルな保険です。

  この保険の活用方法は、いつまでに いくら貯めたい と言った時に使います。

  老後の生活資金や 住宅購入の頭金造りなど。学資保険はこの変形版です。

  しかし 昨今の低金利で 魅力が薄れているのも事実です。

3、終身保険 ⇒ 長期的な積立保険

  払込み期間は10年とか 60歳までとか自由に選べます。払込み完了後も保障は 一生涯継続します

  また払込み終了後は、老後の生活資金として年金受取や 介護保障に変更も可能です。

  保険のパイオニアとして、保障を大きく取っておくことによって活用方法や範囲は大きく拡がります

この3つを正しく理解しておけば、「こんな はずではなかった」とか お付き合いで加入する場合でも

無駄のない加入が可能です。

今後の日本の財政は、更に厳しくなっていきます。自分の将来は自分で設計して 自分で備える事が

大事になります。 無駄をなるべく省いて 豊かな人生に備えましょう!!!

この記事を書いたプロ

岩本悟

岩本悟(いわもとさとる)

岩本悟プロのその他のコンテンツ

Share

岩本悟プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-822-719

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岩本悟

有限会社 FPパートナー

担当岩本悟(いわもとさとる)

地図・アクセス

岩本悟プロのその他のコンテンツ