まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ高知
由井千津子

明るく楽しい日々を創り出す社交ダンスのプロ

由井千津子(ゆいちづこ)

ダンススタジオ ユイ

お電話での
お問い合わせ
088-882-7773

コラム

ダンスシューズ? 初めて、準備する時は・・・!

2014年5月6日 / 2014年6月19日更新

ダンスを習い始める時に・・・

先ず、必要なものは、ダンスシューズです。

女性スタンダードシューズ


昔と違って、
最近は、
たくさんのダンスシューズメーカーがあり、

インターネットでも販売されているので、
皆様 とても迷われるようです。

最近、
私のダンス教室へも、
ネットで購入されてから、
習いに来られる方が、時々いらっしゃるのですが、

ダンスの知識が無いまま、
購入されているので、
サイズが合っていなかったり、
お若いのに、
低いヒールを買ってしまっていたり、
後で、後悔されている方が多い様です。

初めてダンスシューズを購入される時は、
まず、お教室の先生等に相談されてから、
購入される事をお奨めします。

ダンスには、
大きく分けて、
スタンダードとラテンアメリカンがあります。

そのため、
ダンスシューズにも
スタンダード用とラテンアメリカン用の2種類があります。

初心者の方は、
先ず、スタンダード用をご準備されることをお奨めします。
(※主にラテンアメリカンを習われる方は別です。)

先ず、女性のシューズです。

ラテンアメリカン用のシューズは、
サンダルのようにシューズの先が空いているために、
スタンダードダンス(ワルツや、タンゴ)を踊られる時に、
足の指を踏まれたり、怪我をされる心配もありますので、
パンプス型のスタンダード用のシューズがお奨めです。

女性ラテンシューズ


そして、
素材は、柔らかい豚革や、山羊革で、
甲部分にゴムシャーリングの入ったものが履きやすいと思います。

男性のシューズは、
女性のシューズ程、見た目はあまり変わらないのですが、
スタンダード用シューズは、エナメル素材、
ラテンアメリカン用シューズは、革素材が一般的です。

男性スタンダードシューズ


男性の場合も、
ラテンアメリカンを主に練習される方以外は、
スタンダード用シューズ、又は、
スタンダード&ラテン兼用のシューズがお奨めです。

一回一回、シューズの紐を結ぶのが面倒な方は、
ファスナー付きのシューズも販売されています。

それから、
一番、ご注意頂きたいことは、

特に、
若い方や、男性に多いのですが、
日頃、
大きめのシューズを履いている方が多いと言うことです。

でも、
ダンスシューズは、
足にピッタリでないと上手く踊れません。
日頃、履いているシューズのサイズと、
ダンスシューズのサイズが同じとは限りません。

やはり、
各お教室の先生等にご相談頂くことをお奨めします。

この記事を書いたプロ

由井千津子

由井千津子(ゆいちづこ)

由井千津子プロのその他のコンテンツ

Share