マイベストプロ高知
泉野晶代

コミュニケーション心理学によって、心身を健康な状態に導くプロ

泉野晶代(いずみのまさよ) / メンタルコーチ

office is. (オフィス イズ)

コラム

素直になれない人

2021年9月1日

テーマ:自己受容

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング


あなたは素直な人ですか?
もし、そうでは無いなら、
それは『反動形成』かもしれません。

自分の思いとは逆の行動(言動)をしてしまうことです。

幼少期、過去からの出来事が影響していますが、反動形成とは心理学者のフロイトが提唱した人の防衛機制の1つです。
防衛機制は自分にとって苦痛な状況に直面したときや、欲求を満たすことが出来ない場合に、自分を守ろうとして無意識に働く心の手段のことです。

例えば

好きな子を、本当は大切にしたいのに、いじめてしまったり

好きな人と一緒にいたいのに、わざと遠ざけたり

大嫌いな上司なのに、機嫌をとったり、

両親を労わりたいのに、優しくできなかったり

本当は怒っているのに、笑顔でいたり、

本当は喜んでいるのに、嫌な顔をしたり、

本当は悲しんでいるのに、元気な自分でいたり、

思っていることと、行っていることが違うということです。


本当は、自分自身を守るという「防衛」をしているつもりが、
結果的に損をしていることになります。
そして、それを続けていくことによって『自分嫌い』にもなっていきます。

自分の感情を、自分自身でそのまま受け入れていくことが大切です。

ここで注意してほしいのは、
言いたい放題する、やりたい放題する
ということではないということです。

幼い頃、ケガをしたり、嫌なことがあった時、
お母さんやおばあちゃんに報告し、伝えるだけで、安心したことないですか?
「気持ち」を正直に伝え、受け入れてくれる人がいるだけで、人は前に進むことができます。

つまり、この「役」を自分自身で行っていくのです。
「自分は今、嫌な気持ちになっているんだ。」
「自分は今、余裕が無いんだ。」と、自分の『気持ち』や『感情』を、自分自身で素直に受け止めていくことです。

始めは難しいと思う方も多いと思いますが、
瞑想することや、日記をつけていくことでも、自分自身を客観的に見ていけるようになります。
そして、継続していくことで「自己受容感」も高くなり、素直な気持ちを表現することが出来るようになります。

この記事を書いたプロ

泉野晶代

コミュニケーション心理学によって、心身を健康な状態に導くプロ

泉野晶代(office is. (オフィス イズ))

Share

関連するコラム

泉野晶代プロのコンテンツ