まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
佐野なおこ

接客で必要な英語と心構えを教える講師

佐野なおこ(さのなおこ)

横浜サワディーブリッジ

コラム

接客英会話~prayer room(お祈り部屋)、宗教施設を聞かれたときの対応

【英語接客お助けコラム】不安解消対策

2018年2月16日 / 2018年9月11日更新

先日、教室の毎月定例講座、カンタンおもてなし英会話講座で、生徒さんから出た質問。

「先日、海外のお客様からプレイなんとかって聞かれました・・・どう対応すればよかったのでしょうか?」


「もしかしたら、prayer room(お祈り部屋) のことではないでしょうか?」とサノ。

お祈り部屋については、イスラム教徒のお客様からよく聞かれます。

イスラム教徒の方は、1日5回のお祈りを行います。

このお祈りを行うために、最近空港をはじめ、都内の商業施設などでもprayer room(お祈り部屋)が設置されてきています。

昨年には、東京駅にも設置されました。

以下の記事もご覧ください。

★教室ブログ: 【情報共有】東京駅にもムスリム祈祷室が開設


インバウンドは宗教対応が大きく関わってきます。


東京オリンピック・パラリンピック開催まであと2年に迫った今、これからも教室として英会話レッスンの中で宗教対応のお話しはしていきたいと思います。

以下の記事もご参考にしてみてください。

ワンポイント接客英会話【ムスリムのお客様対応編①お祈りの方角

宗教施設を聞かれたときの対応


キリスト教、イスラム教、仏教は、信者数が多いことから、よく「世界三大宗教」と言われています。

それらに関する英語も、カンタンおもてなし英会話講座の中でまなびました。




宗教の呼び名、信徒、お祈りに行く施設の名前を英語で覚えておきましょう。

ご案内のお仕事で、お客様から、

「church」と言われたらキリスト教の教会、

「mosque」と言われたらイスラム教のモスクです。


そして、キリスト教の教会のご案内時には、最低限

Catohlic(カトリック)かProtestant(プロテスタント)かを聞いてください。

私も日本国内の宿泊施設で日曜日の勤務が入るたびに、礼拝に行くお客様には宗教施設をご案内していました。

その際、プロテスタントのお客様が、カトリック教会を案内されてしまい、戸惑ってしまったというお話も聞きました。


英語礼拝の有無、礼拝の時間をリストアップ、宗教施設の地図や交通機関の案内もコピーして渡せるよう準備もしていました。

宗教への信仰心が深い海外のお客様は、異国にいてもお祈りを欠かすことなくお祈りに出かけることが多いようです。

日本でも気持ち良く時間を過ごしてもらえるよう、案内する人にも知識が必要になりますね。

私の教室にも、宗教関係の書籍は置いており、私自身も時折読んだりしています。


私自身は宗教の専門家ではありませんが、英語でもって海外のお客様と接していると、キリスト教、イスラム教の方に多く出会う機会があり、お客様の文化はどんなもので、何を考えて日々を過ごしているのかが気になっていました。

それ故に、英語講師ながら今でも自分でこれらの宗教について調べたりしています。

入門・初心者向け教室内レッスン、講座をぜひご利用くださいませ

当教室は、英語、タイ語が全然分からない方のための教室です。
思い立ったとき、メール一本でお気軽にお問い合わせください。
■メールアドレス
inquiry@yokohamasawasdee.com

最新のスケジュールへ
(マンツーマンレッスンご予約時にお役立てください)

今月の個別指導会・講座日程のページへ

この記事を書いたプロ

佐野なおこ

佐野なおこ(さのなおこ)

佐野なおこプロのその他のコンテンツ

Share

佐野なおこプロのその他のコンテンツ