まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
佐野なおこ

接客で必要な英語と心構えを教える講師

佐野なおこ(さのなおこ)

横浜サワディーブリッジ

コラム

英会話力アップのために~発音の稽古は結果が早く、かつ経済的の理由

大人になって学ぶ英語

2018年1月24日 / 2018年9月11日更新

久しぶりの投稿です。

今年から、当教室では、「耳を育てる」をモットーにレッスン、講座を行っていくことに全力を注ぐことにしました。

英語初心者の接客業の方が陥りがちな

「お客様の言っていることが全然分からない」

という疑問に真正面から向かい、音声トレーニングで発音の稽古を教室レッスン(マンツーマンレッスンカンタンおもてなし英会話講座)、外部セミナーにも取り入れることにしました。

このトレーニングの中で、具体的にお伝えしていることを書きます。


英語の母音を日本語の母音「アイウエオ」に絶対加工しないこと


英語を習い立ての初心者の方は、英語の母音を日本語の母音「ア」、「イ」、「ウ」、「エ」、「オ」に加工して稽古してしまいがちです。

これは絶対にヤメマショウ!

日本語の母音で稽古すると、結局カタカナ英語の稽古になってしまいます。

英語の母音は「アイウエオ」以外にも存在します。


英語の母音は大きく分けて2つ存在する


英語の母音は、以下の2種類に分かれます。

①緊張母音
顔の筋肉をたっぷり動かして発音する母音

②弛緩(しかん)母音
顔の筋肉をほとんど動かさずに発音する母音

私達の母語である日本語は、顔の筋肉をあまり動かさずに発音できます。

このため、日本人にとって①は難しいと思います。
マンツーマンレッスンに初めてお越しの生徒様の中でも、筋肉の動かしが足らず、思うように発音ができない方もいらっしゃいます。
しかし、稽古を繰り返しで「英語を発音する筋肉」がつき、発音がだんだん滑らかになってきています。

運動と同じように、英語もお顔の筋トレが必要ですね。

この音声トレーニングの結果、電車内のアナウンスでどうしても聞き取れなかった単語が聞き取れるようになったという生徒さんからのご報告もありました。


英語を聞き流せば、本当に聞き取りができる?


よく、英語が聞き取れるようになるには、CD等で英語を聞き流せば良いという話も聞こえてきます。

ちなみに、皆さんは、どうやって言葉を覚えましたか?

いっさいしゃべらず、大人たちが話しているのを聞き流すだけでしたか?

大人の話している言葉を真似しながら覚えませんでしたか???

それと同じように、言葉としての英語を聞き取るには、まず発音の仕方を知ってやっと言葉として聞こえるのではないでしょうか?

発音の仕方を覚えないまま英語を聞き流していたら、「音」しか聞こえないのです。

「言葉」ではなくて。

接客・サービス業は、お客様のお話しを聞いて商品・サービスを提供する仕事。
発音の稽古で、発音と同時に「英語を聞く耳」も育てましょう。

その方が、英語の音源を買い集めるよりも、はるかに早く結果を出せ、かつ経済的です。

入門・初心者向け教室内レッスン、講座をぜひご利用くださいませ

当教室は、英語、タイ語が全然分からない方のための教室です。
思い立ったとき、メール一本でお気軽にお問い合わせください。
■メールアドレス
inquiry@yokohamasawasdee.com

最新のスケジュールへ
(マンツーマンレッスンご予約時にお役立てください)

今月の個別指導会・講座日程のページへ

この記事を書いたプロ

佐野なおこ

佐野なおこ(さのなおこ)

佐野なおこプロのその他のコンテンツ

Share

佐野なおこプロのその他のコンテンツ