まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
木村一志

生きた証を大切にしながら品物を整理・清掃する遺品整理士

木村一志(きむらかずし)

やる気グループ

コラム

生前整理の必要性とやり方について

生前整理

2018年6月3日

生前整理はモノの整理はもちろん、財産目録作りなど情報の整理も必要です。どのようにしたらよいか、そのやり方を見てみましょう。

生前整理(財産目録づくり)

私たち「やる気グループ」は、生前整理はもちろんですが、遺品整理の経験も豊富です。

その経験から言えるのは、遺品整理でご遺族が困るのは、たとえば、生命保険の証書がどこにあるか分からない、ID・パスワードがわからず携帯電話のロック解除ができない、故人の友人の連絡先が分からない、という言わば「情報」に関する事柄です。

生前整理は「モノ」だけではなく、「情報」もあわせて整理しておく必要があるのです。

そして「情報」には、いま例にあげたものだけではなく、財産に関するものがあります。財産は当然、相続問題に関わりますから、現在の財産を遺族が分かるようリスト化しておきましょう。

その項目をあげてみると次のようになります。

①現金・預貯金…現金、普通預金、定期預金、当座預金など。
②有価証券…株式、手形、国債・社債、投資信託の受益証券など。
③不動産…家屋、土地、そのほか農地・山林など。
④家財道具…貴金属、絵画・骨董品など。自動車もありますね。
⑤その他の財産…生命保険証書、ゴルフ会員権など。貸付金、あるいは負債。

ざっとあげてみただけで、これだけのものがあります。もし、ここにあげたものが何も分からないという状態では、遺族は大変です。

財産のリスト、つまり、財産目録を作ることは非常に大切な生前整理なのです。そして、重要な証書類がどこにあるか、その場所が分かるようにしておきましょう。

もちろん、携帯電話のID・パスワード、友人の連絡先なども遺族にとって必要な情報ですから、それらも分かるようにしておきましょう。

生前整理(モノの整理)

さて、次に「モノ」の整理です。生前整理を思い立ったら、どこから手をつけたらいいでしょう。
おすすめしたいのは「部屋ごと」に整理を進めることです。

たとえば「衣類から整理を始める」というように、モノの種類で進めるやり方もありますが、各部屋に分散していると家の中を行ったり来たりすることになります。

それよりも「この部屋から」と決めて整理に取りかかるほうが効率もよく、整理の成果も見えやすいので、途中で整理をあきらめずに、最後までやり遂げることにもなります。

では、部屋を決めたら、どうしましょう。

「まずは押入れから?」。いえ、それは避けたほうがいいでしょう。

押入れは収納容量が大きいですから、押入れのものを出すだけで一苦労ですし、部屋がモノで一杯になってしまいます。それではやる気がうせてしまいそうですし「要るもの・要らないもの」を仕分けるスペースもない、ということになりかねません。

まず、部屋を見回し片付けやすそうなところを探します。そして、たとえば「このタンス」と決めたら、そのタンスに取りかかります。

ここで話が前後しますが、部屋に入る際はゴミ袋を何枚か持って入って下さい。手に取ったものが「要らない」とおもったら、すぐゴミ袋に入れてしまいます。直感的に「要らない」とおもったものは、迷わずゴミ袋に入れます。

整理のコツは「要るもの・要らないもの」に仕分けることと言われますが、直感的に「要らない」とおもったものは、この仕分けに入らないものと言っていいのです。

こうして、まず「要るもの・要らないもの」に仕分ける前段ができたことになります。

さて、その後、目の前にあるモノを要るもの・要らないものに仕分けるわけですが、その基準の一つは「必要なモノ」と「必要になるかもしれないモノ」の区別です。「必要になるかもしれないモノ」は、「要らないもの」に仕分けます。これで相当多くのモノが整理できているはずです。

ところで、部屋に入ってからここまで、どのくらいの時間が経っているでしょう。もちろんそれはケース・バイ・ケースですが、2~3時間は経っているとおもいます。そして、3時間も整理にあてれば、一日の整理としては十分です。

「一日でここまでやる」と決めたほうが目標があってよいという意見もありますが、整理は肉体的にも精神的にも疲労が溜まるものです。毎日、少しずつ継続してやるほうが良い結果につながります。日を重ねるうちに整理の手際もよくなって行くと思います。

場合によっては業者に発注する

しかし、いまお話ししたように整理は肉体的・精神的に負荷がかかる作業です。もし体力面で自信がない、あるいは気持ちの面でもどうしても先に進めないという場合、生前整理業者に発注する方法があります。業者に依頼することが、生前整理を促すことになるケースも少なくありません。

私たち「やる気グループ」は、ご依頼主のお気持ちに沿った整理を心がけています。また、お見積もりは無料で行っています。その際、生前整理についてアドバイスもできるとおもいます。お気軽にご相談下さい。

この記事を書いたプロ

木村一志

木村一志(きむらかずし)

木村一志プロのその他のコンテンツ

Share

木村一志プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-993-068

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木村一志

やる気グループ

担当木村一志(きむらかずし)

地図・アクセス

木村一志プロのその他のコンテンツ