マイベストプロ神奈川
山口大輔

患者さんとの会話を大切にする手術経験豊富な眼科医

山口大輔(やまぐちだいすけ) / 眼疾患の各種手術を得意とする開業医

たまプラーザやまぐち眼科

お電話での
お問い合わせ
045-913-0333

コラム

白内障の手術いつ受ける?<白内障手術のタイミング>

2019年11月4日

テーマ:白内障

コラムカテゴリ:医療・病院

『白内障はいつ手術したらよいでしょうか?』
『もう白内障の手術しなきゃダメかなぁ?』
『他の眼科さんでまだ手術はしなくていいと言われてるけど、見えにくくて』
といった患者さまからのお声をよく聞きます。

つまりは、白内障の手術の適応、タイミングです。

これは簡単なようで結構、難しい問題でもあります。
例えば、胃癌のような悪性の切除するのがベストの病気では、病気がみつかれば手術をしなければなりません。(手術の方法の検討は必要ですが)
眼の病気でも網膜剥離のような放置すると回復しない視力障害、最悪、失明してしまうような疾患では、なるべく早期に手術をしなければなりません。
しかし、白内障のようなある意味『良性』の疾患では『手術をしなければならない』状況はそんなに多くはありません。白内障がどんなに進行しても、年齢が高齢になっても手術をする事は可能です。(進行したり高齢になると手術は大変になってしまうこともありますが)
手術をしなければいけないのは、白内障の問題よりも、緑内障発作を起こしそうな眼の方や、自動車の運転がしにくい、免許更新の視力基準に足りないなどの社会的要因が多いかもしれません。

手術を『しなければならない』場面はそう多くはないですが、『手術しなければ良くならない』のも『手術をすればよくなる』のも白内障です。
もちろん、必要がないのに手術することはありませんが、見えにくい状態を我慢して過ごすより、手術をして見えやすくなった状態を少しでも長くした方がプラスという考え方もあります。

『視力がどれくらいになったら手術しなきゃいけないの?』と患者さまから聞かれることも多いですが、手術のタイミングは視力だけでは決められません。
たとえ視力が0.1でも不自由がない方は手術をしなくてもよいと思いますし、視力が1.2でも白内障による見えにくさに困っているようであれば、手術をした方がよいと思っています。
また、近視、遠視、乱視が強い方は白内障手術でだいぶ楽になるので、白内障があまり強くなくても手術をすると、すごく喜んでくださる患者さまが多いです。

当院では、白内障手術をするかは患者さまの意思が重要で、最終的には患者さまに決めていただきますが、その判断に必要な情報、現在の眼の状態と手術をすることのメリット、デメリットはしっかり話し、その上で、視力や白内障の状態からだけでなく、患者さまの訴えや生活の様子から、手術をした方がよいかどうかは一緒に考えたいと思っています。

『かすんで見えにくい』『明るいと眩しくて見えにくい』『暗くなると見えにくい』などは白内障でよくある症状です。『白内障かな?』『白内障の手術っていつ受ければいいんだろう?』とお悩みの方はぜひ、一度、ご相談ください。



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
たまプラーザやまぐち眼科
院長 山口大輔 日本眼科学会認定専門医 医学博士
横浜市青葉区新石川3−14−14−1F
TEL 045−913−0333
東急田園都市線たまプラーザ南口より徒歩3分
白内障、眼瞼下垂、硝子体疾患など各種眼科日帰り手術に対応
多焦点眼内レンズ白内障手術先進医療認定施設
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

この記事を書いたプロ

山口大輔

患者さんとの会話を大切にする手術経験豊富な眼科医

山口大輔(たまプラーザやまぐち眼科)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

山口大輔プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
045-913-0333

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山口大輔

たまプラーザやまぐち眼科

担当山口大輔(やまぐちだいすけ)

地図・アクセス

山口大輔プロのコンテンツ