まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
鈴木香加

自然体の輝きを引き出すパーソナルカラーリスト

鈴木香加(すずききょうか)

トライカラーズ

コラム

ジーンズの由来~なぜブルーが一般化されたのか~

色の歴史

2018年6月3日

こんにちは、鈴木香加です。
初夏ですね・・・。
暑い!ムシムシする!虫も飛んでる!・・・いろいろ口にしたくなる季節です。
自然と共生しながら、快適に過ごしたいものです。

虫よけ効果の期待としては、藍で染めた布の服を身につけると良いとされております。
日本では、藍染めの文化がありますが、
海外ではこんなエピソードもあります・・・ブルージーンズ登場の逸話です。

時はゴールドラッシュのアメリカ西海岸。
過酷な労働で、丈夫な生地でないと服が破けてしまう、穴が開くという需要から生まれたのが
ジーンズです。
ですから、作業着ということで、きちんとした場にふさわしくないと
今でも言われます。

では、なぜブルーになったのでしょう?
当初は丈夫なテントの生地で作られて、あまり色はなかったようです。
ですが、やはり虫に刺されたりする被害も多かったので、
先住民の藍で虫よけをしている知恵を使って、ブルーに染められるようになったそうです。

いまやジーンズといえば、ブルーがBASICですよね。
そんなジーンズの由来を考えると、
ジャパン・ブルーで藍染めのジーンズとか作ったら、エコで素敵なのではと思います。
藍染めも、薄い「かめのぞき」というブルーから濃いインディゴまで
バラエティーに富んでいます。単調にはなりません。

余計な話までしましたね(笑)

それでは、今日も良い一日をお過ごしください。ありがとうございます。

この記事を書いたプロ

鈴木香加

鈴木香加(すずききょうか)

関連するコラム

鈴木香加プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木香加プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
070-1075-3479

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木香加

トライカラーズ

担当鈴木香加(すずききょうか)

地図・アクセス

鈴木香加プロのその他のコンテンツ