まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
鈴木香加

自然体の輝きを引き出すパーソナルカラーリスト

鈴木香加(すずききょうか)

トライカラーズ

コラム

日本の歴史から見る、日本で最初の色

色の歴史

2017年12月3日

こんにちは、鈴木香加です。
明るい日差しの日曜日です。気持ちいいですね。

昨晩は、日本の美意識について語る会がありました。初めての割烹料理に舌つづみ、素敵な仲間と語り合い、そして、色と日本文化について考えさせられました。
日本のすばらしい美意識を、世界に発信していきたいですね。
オリンピックもありますし、是非英語でご紹介してきたいと思うのですが、
そこまでのスキルはございませんので、コラムに書きます。どなたかのお役に立てば幸いです。

ところで、日本の色の始まりは、何色からと思いますか???

実は、色の「明るさ」と「鮮やかさ」しか最初はなかったんです。
おそらく色を作るよりは、自然の色をそのまま受け入れる文化だったのかもしれません。

あかし(赤)・・・・・くろし(黒)、これは色の明るさのことを言います。ですが、「赤」と「黒」という表現があるんですね。

あおし(青)・・・・・しろし(白)、これは色の鮮やかさのことを言います。こちらには、「青」と「白」という表現があります。

というわけで、こちらの「赤」「黒」「青」「白」の4色が、色の始まりだと思います。
さて、この4色ですが、面白いことにキトラ古墳とちょっと関係してきそうです。
キトラ古墳というのは・・・最近風水や神社巡りブームに乗って、少し有名になっていますが、ご存知でしょうか?

東に青龍、南に朱雀、西に白虎、北に玄武

聞いたことありませんか?これが描かれているのが、キトラ古墳の壁画です。
「青」「朱(赤)」「白」「玄(くろ)」・・・

このように知らないうちに、生活になじんで色は入ってきます。
色は意識しないと、見えてきません。
色を意識すると楽しみは、生活は変わってきます。より豊かなものになるでしょう、私はそう思います。

是非色の世界をお楽しみいただけたら幸いです。
ありがとうございます。

この記事を書いたプロ

鈴木香加

鈴木香加(すずききょうか)

鈴木香加プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木香加プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
070-1075-3479

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木香加

トライカラーズ

担当鈴木香加(すずききょうか)

地図・アクセス

鈴木香加プロのその他のコンテンツ