まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
泊瀬川俊彦

堅実に家計の問題を解決するファイナンシャルプランナー

泊瀬川俊彦(はせがわとしひこ)

株式会社とし生活設計

コラム

殖えなくて、しびれを切らして…

資産運用

2016年6月15日 / 2017年6月23日更新

 2月から日本銀行のマイナス金利政策が始まり、かねてより続いていた低い預金金利がさらに下がってしまい、もはや失望している方も多いのではないでしょうか。

 ここ数か月の相談の中で、「少しでもお金を殖やせるものはないですか」という声を多数いただいています。30~50歳代の資産を増やす必要のある年代の方からは、将来に向けて殖やしたいという希望がありますし、退職後の方からは何とか資産の目減りを抑えたいという、もはや悲鳴に近い声を聴きます。もう我慢の限界といった気持ちなのでしょうね。

 相談でお目にかかる方々の年齢や家族構成は千差万別なので、十把一絡げでどの商品がいいですよ、という回答はできません。また残念ながら短期間で大きく殖えるような金融商品はありません。

 でも私たちは何とかみなさんの希望に応えたいと考えています。そこで相談される方に最初に伺うのはどんな目的のために殖やしたいかということです。ライフプランを設定するには”人生の三大資金”と言われ、”住まい”、”子育て”、”老後”には大きな資金が必要です。多くの相談の場合にはこのいずれかに当てはまることが多いのですが、さらにそれぞれの相談のケースによって、年齢や家族構成、期間、収支のバランス、資産の状況などが異なり、とれる”対策”には違いはあるものです。

 ”対策”とは、つまりどんな金融商品が適しているかということです。毎月積み立てるようなプランのほうが適している場合もありますし、ある程度まとまった資金を投入して満期や解約を待つようなものもありますし、資金を投入した後に一定の期間ごとに分配金などを受け取るようなものもあります。

 低金利の中でもできる”対策”はあります。どんな対策がその方に必要なのか、あるいは適しているのか、そういったことを考えながら日々の相談に対応しています。

 適切な”対策”をご希望の方は、セミナーやご相談を通じてお話を聴いていただければと思います。

(文責:泊瀬川 俊彦)

この記事を書いたプロ

泊瀬川俊彦

泊瀬川俊彦(はせがわとしひこ)

泊瀬川俊彦プロのその他のコンテンツ

Share

泊瀬川俊彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
042-705-9496

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泊瀬川俊彦

株式会社とし生活設計

担当泊瀬川俊彦(はせがわとしひこ)

地図・アクセス

泊瀬川俊彦プロのその他のコンテンツ